大井競馬、開催取り止め…。原因は、雪でも濃霧でもなく…雨!

雲雨レースのこと
スポンサーリンク

2022年4月1日。

新年度のスタートです(^O^)/

新年度、雨のスタート

――しかし。

競馬界では、いきなり残念なニュースが…。

本日の大井競馬が、開催取り止めになってしまったのです(-_-;)

ナゼそんなことになったかというと…。

雨のせいで馬場がグッチャグチャになってしまった為。

TCKのサイトを見ると、「第1回大井競馬第1日目(4/1)の開催取り止めについて」というニュースで、次のように記されています。

昨夜の降雨の影響により走路コンディションが悪化しており、馬場整備に努めてまいりましたが、回復の見込みがたたないため、開催の実施は困難と判断し、本日の開催を取り止めといたします。

昨夜の降雨。

たしかに、夜中はザーザーと音がしていたし、朝になってもまだ降っていました。

しかし、降雨が原因で開催取り止めになるとは(-_-;)

3月31日から降り続いた雨で、4月1日の競馬が取り止めに…。

年度をまたいだ厄介な大雨だったわけです。

濃霧での取り止めは たまにありますが、降雨というのはちょっと記憶にありません。

自然の猛威を思い知らされました。

ヒョウとザダルとプリンシパル

自然の猛威、といえば…。

ダービー卿チャレンジトロフィーに出走するザダルは、「ヒョウ」によってスケジュールを狂わされたことがありましたね。

2019年プリンシパルS。

突如バラバラと降り出したヒョウにより、取り止めとなってしまいました。

(10レース・メトロポリタンS以降のレースが取り止め)

そんな不運にもメゲず。

翌週にスライドしたプリンシパルSを、ザダルは圧巻の末脚で勝利!(^-^)

さすがに中1週になるのでダービーには出ませんでしたが、今やマイラーとしての地位を築きつつあるザダル。

ローテがきつすぎるし、距離もちょっと長いし、出走しなくて正解だった…と今でも思っています。

極悪馬場の能力試験

――さて、話を大井競馬に戻しますと。

4月1日、大井競馬場では「能力試験」が行われました。

その動画を見たのですが…。

確かに馬場はグッチャグチャ!(;´д`)

動画に音声はないのですが、「パカパカ」という小気味よい音ではなく、不良馬場のとき耳にする「カタカタ」みたいな音が響いていたのでは?

馬たちが走り抜けた後には、泥田のようなダートコースに無数の穴ボコが…。

明らかに、ふだんの馬場コンディションとは異なる光景です。

能力試験は頭数が少ないし、馬券も発売されないから実施されましたが。

レースを実施するのはさすがに困難…。

そんな判断も納得の、極悪馬場でした(;_;)

最先端を行く大井競馬。雨対策は?

本日の大井競馬。

桜の季節の大雨で、取り止めに追い込まれたわけですが。

もっとたくさん傘マークが並ぶ、梅雨の時期は大丈夫なのかな…?

とか思ってしまいます。

世界唯一の左右両周りコースとして名高い、大井競馬場。

雨対策として、まさか “屋根“ をつけるとは思わないけれど。

「そうきたか!」

と唸るような策を講じることを期待してしまいます_(._.)_

コメント