トップアスリートの言葉。ルメール騎手、福永騎手、そして…

アーモンドアイ騎手・調教師

昨日のAJCCは、アリストテレスが優勝しました。

鞍上はルメール騎手

勝利ジョッキーインタビューで毎週のようにルメさんを見るなぁ…と思ったら、3週連続で中山重賞3連勝でした。

ただ、毎回同じ人(ルメさん)だからといってインタビューを聞き流していいかというと、そんなわけは絶対ない。

彼ほど馬の実力を把握し、かつ、正直に話してくれる人はいないからです。

ルメール騎手の言葉

そのルメール騎手。

彼のベストパートナーといえば…

そう!アーモンドアイです。

アーモンドアイのG1初勝利は、桜花賞でした。

1頭だけ次元の違う末脚で、直線だけで全馬をナデ切り…ド肝を抜くようなレースでした。

勝利ジョッキーインタビューでアーモンドアイの今後について尋ねられたルメール騎手は、なんと

「トリプルクラウンを考えることができます」

と口にします。

結果的に、アーモンドアイは牝馬三冠どころか史上初の9冠馬に輝くわけですが。

クラシック初戦を突破しただけの段階で「トリプルクラウン」と明言する…なかなかできることではありません。

桜花賞の時点で、既にルメール騎手は「これはとんでもない馬だ…」と感じていたのでしょう。

アーモンドアイの実力を見抜き、自信を持って三冠制覇を達成すると宣言する…ほんと、ルメール騎手はすごい(^O^)/

そんな彼が、AJCCレース後のアリストテレスについて語っていたことは――

「トップコンディションではないのにG2を勝てた。良くなればG1を勝利できる」

アリストテレスの未来は、実に明るい(*^^)v

福永騎手の言葉

福永騎手も、ルメール騎手同様に信頼できるコメントを話してくれます。

“若駒を教育しながら育てていく“ という点では、競馬界随一かもしれません。

その福永騎手。

先日、「おおっ!マジかよ!」と思うような発言をしました。

ある若駒について、最上級の褒め言葉を贈ったのです。

ある若駒。それは…

ルペルカーリア!

キャロット所属の、父モーリス母シーザリオという超良血馬。

昨年9月のデビュー戦(4着)以来、4ヶ月ぶりとなる実戦が近づいています。1月30日の中京芝2000メートル、3歳未勝利戦。

レース1週前追い切りに福永騎手が乗ったのですが、その感想が――

「エピファネイアになってきた」

出資者じゃなくとも、ゾクゾクするような言葉(*’▽’)

失礼を承知で言えば、未勝利馬の追い切りで出てくる言葉とは思えません。

G1馬である兄、エピファネイアを持ち出すとは…それだけ、ルペルカーリアの上昇度がとてつもないということでしょう。

ルペルカーリアの未来は、実に明るい(^O^)/

大栄翔の、言葉

アリストテレス優勝の数時間後。

スポーツ界に嬉しいニュースが。

大相撲で、大栄翔が初優勝(^-^)

埼玉県出身の力士の優勝は初めてだとか…おめでとうございます。

大栄翔関は、地元・朝霞市をとても大事に思っているそうで、こんな発言が取り上げられたことも。

「デニーズ朝霞駅前店が日本で一番おいしいです!」

デニーズは私も好きでよく行きますが、朝霞駅前店には行ったことがありません。

埼玉に行く機会があったら、大栄翔も推すデニーズ朝霞駅前店に是非行ってみたいと思います。

しかし、大繁盛してそうだナー。

なんせ、大栄翔が猛プッシュしてくれているんだもの。。。

デニーズ朝霞駅前店の未来は、実に明るい(*’▽’)

コメント