シンザン記念はモーリス産駒ワンツー!(カスティーリャはどうした)

モーリス2レースのこと

シンザン記念を勝ったのは、ピクシーナイト。

モーリスに、重賞初勝利をプレゼントしました。

2着ルークズネストの父もモーリス。

今日のレースは、モーリス祭りだったと言えるでしょう。

モーリス祭りに参加できなかった件

モーリス。シンザン記念に産駒を3頭送り込み、そのうち2頭がワンツー。

素晴らしい成績です。けど…。

最も期待していたモーリスっ子のカスティーリャが、見せ場ゼロのブービー負け…。

キャロットのレース回顧コメントを読むと、

「スタート後に力んでしまい、4コーナーまで力みどおし。その後は逆に気持ちが切れてしまい、押しても進んで行かなかった」

とのこと。

デビュー当時はズブいくらいだったのに、前走からヤケに行きっぷりがよくなっており、今回はその前向きすぎる気性が “凶” と出た印象です。

気性。これを良い方に持っていくのは容易ではありません。

でも前向きな気性は、うまく導けば圧倒的なスピードに昇華できるはず。

次は重賞じゃなくておそらく自己条件、そして距離短縮?でしょうか。

リフレッシュ放牧後、もうちょい大人になった(落ち着いた)カスティーリャを見たいものです(^-^)

ピクシーナイト、課題克服

一方、勝ったピクシーナイト

前走の大出遅れがウソみたいな、素晴らしいスタート。

先手を奪い、そこそこ速いラップを刻み、最後つきはなす…見事な勝ち方でした_(._.)_

何が見事って、大出遅れを再度くりかえすことなく、スパッとゲートを出たこと。

大出遅れの前走後はゲート縛りを実施。時折バタバタはしたようですが、回数を重ねるにつれ従順になっていきました。実に賢い。

ピクシーナイトも、基本的に燃える気性を持っているようです。でも時間をかけて教えれば、ちゃんと求めることを理解するクレバーな面もある。

ここらへん、モーリス産駒の特徴なのかもしれません。

何度も出して恐縮ですが、カスティーリャのレースに行ってカーッとなる気性も、 “課題” として丁寧に取り組んでいけば、良い方に向かってくれるのでは(”_”)。

井崎先生、大予言を発表するも

話はかわりますが、井崎の大予言について。

「ゾロ目のダービーは1番人気がこない」

というものでした。

今年のダービーは第88回目。1番人気がどの馬になるかはまだわかりませんが、的中するかどうか気になります。

井崎先生、シンザン記念がモーリス産駒ワンツーで決まったことについては触れませんでしたね。

「言ってくれないかな」と期待していた言葉があったんですが。

それは…

「うし年、モウ~リス」

気付いていなかったのか。気付いていても(あまりにアホらしくて)敢えて言わなかったのか――。

カスティーリャも思うように走ってくれず、井崎先生もはなってほしいギャグを口にしてくれず…。

競馬は難しいナー(*’▽’)

コメント