カスティーリャに追い風!? 朝日杯はグレナディアガーズが制覇

日と馬キャロットの馬のこと

グレナディアガーズ朝日杯フューチュリティステークス優勝!

1:32.3というレコードタイムを叩き出して、2歳マイル王に輝きました。

2着は、2番人気 ステラヴェローチェ

3着は、1番人気 レッドベルオーブ

人気馬を従えての、堂々たる勝利でした。

ところで、勝ったグレナディアガーズ7番人気。単勝1750円もつきました。

何故こんなに人気がなかったのか?

――やはり、「勝ち上がるのに時間がかかったから」でしょうか…。

グレナディアガーズの戦歴をふりかえる

グレナディアガーズは、新潟芝1400メートルの新馬戦でデビュー。

1番人気に支持されるも、2着でした。

2戦目は、9月19日の中京芝1600メートル。

道中かなり行きたがってしまい、最後は失速しての4着。

このレースを勝ったのがレッドベルオーブ

1:33.1レコードタイムでした。

レッドから3馬身ほど遅れた2着は、キャロットカスティーリャ

(カスティーリャは、直線なかばでグレナディアガーズを置き去りにする末脚を見せましたが、前を行くレッドには届かず…。)

グレナディアガーズは、3戦目でようやく初勝利をあげます。

阪神芝1400メートル。2番手追走から難なく抜け出すと、1:204という破格のタイムで駆け抜けました。

初勝利をあげるのに3戦も要してしまった…。

でも、ありあまるスピードの生かし方がようやく身についてきた感じ。

幸い、今年の朝日杯は1勝馬でも出走可能。

果敢にG1に駒を進めます。

朝日杯フューチュリティステークスへ

とはいえ、無敗馬や重賞ウィナーなどに比べると「3戦目で初勝利」という戦績はやはり見劣る。

7番人気という低評価も、仕方がなかったかもしれません。

朝日杯フューチュリティステークスは、キャロットモントライゼが超ハイペースで大逃げ。

これが結果的に、ありあまるほどのスピードを持つグレナディアガーズに味方した印象です。

一方、3着に敗れたレッドベルオーブ。

敗因について、「位置取りでベストの選択をできなかった」とコメントが出ています。

カスティーリャに、光

しかし。競馬は奥深いなー、と改めて思います。

9月19日の未勝利戦では、こんな順番でした。

着順    馬名  タイム
1着 レッドベルオーブ 1:33.1 
2着 カスティーリャ 1:33.7
4着 グレナディアガーズ  1:34.3

それが、本日の朝日杯ではこうなった↓

着順    馬名  タイム
1着 グレナディアガーズ  1:32.3 
3着 レッドベルオーブ 1:32.7 

ただ、グレナディアガーズ陣営もレッドベルオーブ陣営も、今日のレースだけで「勝負付けは済んだ」とは思っていないでしょう。

レース展開等によって着順は前後するくらい、実力伯仲なのではないでしょうか。

――ということは。

9月19日の未勝利戦で、グレナディアガーズとレッドベルオーブの間にいた “あの馬” 。

今日のレース結果により、“彼” が脚光を浴びることになりそう。

彼とは誰か。

そうスティーリャです(^o^)!!

「今日の朝日杯にもしカスティーリャが出ていたら、2着はあった」

とは言いません。でも。

グレナディアガーズやレッドベルオーブという重賞ウィナーにもひけを取らない存在であることは、間違いありません!

そんなカスティーリャ。

次走は、2021年1月10日のシンザン記念を予定しています。

今年シンザン記念が行われるのは、中京…これも追い風ぽい。

グレナディアガーズ&レッドベルオーブと再戦する為にも、まずは重賞制覇を(^O^)/

コメント