白毛馬ソダシ、G1制覇! 白い女王誕生 & 馬名について

白馬その他の馬名

白毛馬 ソダシが、阪神ジュベナイルフィリーズを優勝しました!

白毛馬がG1を優勝する…すごい偉業です。

そもそも白毛馬の存在そのものが少ない。

某競馬番組によると、白毛馬は全体の0.04%しかいないんだとか。

そんな数少ない白毛馬が、世代の頂点に立つ確率…0.000何%とかの世界なのでは。

サトノレイナスをハナ差しりぞけた底力、おそるべし。

ソダシ関係者の皆様、おめでとうございます(^O^)

2021年桜花賞に向けて

ちょっと早いですが、来年の桜花賞の話を。

同年代の牝馬たちは、白い女王に挑戦することになるわけです。

昨日の中山で未勝利戦を勝ったトゥルーアート

10月に新馬戦を勝ったベッラノーヴァ

キャロットシルクの牝馬たちも、順調に賞金を加算すればクラシックにエントリーすることでしょう。

いやー、しかしソダシ。

強いよなー。

愛馬が白毛馬と一緒に走るところを見るだけで満足…

なんてノンキなことは言っていられない!(`Д´)ノ

ソダシの母ブチコは、現役生活の後半は“ゲート難”で苦しんだ記憶があります。

本日のソダシも、すこ~しゲート入りを嫌がっていた。

そこらへんに、つけいるスキがありそう。

――もちろん、相手の自滅を待つだけではだめ。

トゥルーアートもベッラノーヴァも鍛錬で成長し、女王候補になり得る実力をつけることを願うばかりです!(^o^)!

【馬名について】 ソダシ

ところで。

ソダシの馬名意味は、

「純粋、輝き(サンスクリット語)」

とのことです。

その白さからの命名、と思われます。

きっと「これしかない!」というくらいの命名だったのだろうと思います。ソダシ。

でも。名付けの際には、おそらく他の名前候補もあったのではないでしょうか。

それをここで勝手に推測させて頂きます。。。

◆ブチコッコ

馬名意味 : 母ブチコの子供だから。

――アパパネの次男に「ジナンボー」と名付けるくらいだから、これもじゅうぶん有り得たのでは??

◆シラユキヒメノマゴ

馬名意味 : 祖母シラユキヒメの孫だから。

――白毛伝説はシラユキヒメから始まりました。しかし、この命名はないですね。

アイアムカミノマゴという牝馬もいるし…。

育成段階では、ソダシは多分「ブチコノジューハチ」(←ブチコの18)とか呼ばれていたと思います。

ノーザンファームの育成担当の方は、仔馬のソダシを何と呼んでいたのか…知りたい(´ー`)

コメント