ベッラノーヴァ新馬勝ち!

シルクシルクの馬のこと

ベッラノーヴァが新馬戦を勝ちました!

396キロの馬体で、東京芝1400メートルを駆け抜けました。

馬場は重。小柄な馬には不利とされていますが、ダントツの上がりで差し切り勝ち

重馬場、馬体重400キロ以下、上がり34秒での勝利…

あまりないケースではないでしょうか。

良馬場なら、さらにキレが増しそうな予感。

その名のとおり、“新星”が現れました(^O^)

ベッラノーヴァは、シルクの馬。

父エピファネイア、母ベッラレジーナ。母父ネオユニヴァース。

母のベッラレジーナもシルク所属でした。

母も小柄でしたね。

デビュー時の体重は426キロ。1番人気に支持されるも、7着でデビュー戦を終えています。

  ※その時の勝ち馬は、同じネオユニ産駒のグレナディアーズ。

ベッラレジーナは3戦目で初勝利をつかみ、スイートピーステークスに向かいます。

追い込んで2着に入り、オークスへの権利をゲット。

  ※この年のスイートピーS、5着は後のジャパンカップ勝ち馬ショウナンパンドラ。

   6着は後のエリザベス女王杯&宝塚記念勝ち馬マリアライトでした。

   豪華メンバーに先着していたんですね。

オークスは、馬体減もあってか10着に敗退。

その後は休養をはさんでボリュームアップ。

でも500万を卒業できそうでできないまま、6歳の3月まで走り引退となりました。

ベッラレジーナの初仔、ベッラノーヴァ。

母のできなかった新馬勝ちを、まず果たしました。

次なる使命は、母も祖母も出走していない「あのレース」を目指すことでしょうか。

あのレース。

今年、エピファネイア牝馬が大雨の中ぶっちぎった、あの大レース。

そう、桜花賞です!

エピファネイア牝馬が重馬場で圧勝…

ベッラノーヴァには、無敗の三冠牝馬デアリングタクト級の夢を見させてもらいます(^.^)

コメント