2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-③ 「府中で見るエリ女」編

エリ女東京競馬場で観戦

2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ。2週目-② 「困りもののコーヒー」編からの続きです。

2020年11月15日、12時20分。

トゥルーアートカフェカエサルに負けたので、気をとりなおすべくコーヒーを飲み、気分一新。

やはりカフェインには覚醒作用があるのでしょうか。

…などと、トイレで手を洗いながら考えた。

コーヒー、利尿作用は確実にあります。

超+怪物

第1レースから第5レースまで、なんと一番人気が5連勝。でも逆に、

「次あたり、荒れるんじゃないか」

基本的に穴党なので、そう考えて予想します。

第6レースの新馬戦、一番人気はミッキーレジェンド

父はダノンレジェンドなので、野田夫妻ゆかりの血統ですね。実にストレートな命名。

厩舎は、おっと、大竹厩舎です。

さきほど大竹厩舎のトゥルーアートが2着だっただけに、なんかここで勝ちそうな気がする。

「またまた一番人気が勝利!」となりそうな気もする。

人の少ない馬券売り場で悩んでいると、もうすぐ締め切りのアナウンス。

こうなったら、2頭しかいない関西馬のワイド一点だ。リーベサンライズとベニアカネ。

第6レース、結果は。

六番人気のメタスペクターが圧勝。

関西馬ワイドはハズレ。一番人気ミッキーは4着。

「メタスペクター…どういう意味?」

調べてみると、馬名意味は “超+怪物。怪物を超えたもの“ とのこと。

怪物を超えたもの…超怪物?

――超魔界村を想像してしまう(”_”)

「砂上の新怪物」目指して頑張れ、メタスペクター。

秋色ステークスで、ちょっと声が

この後も馬券はハズれ続け、「もう帰ろかな…」みたいな気分に。

でもせっかくスマートシートが当たったんだもの、次のレースも頑張って(懲りずに)買います。

第10レース、秋色ステークス

こんな名前のレース、あったっけ。しゅーしょくステークス?

――レープロのページをめくると、英語表記で “AKIIRO STAKES“ とある。

へー、読み方は「あきいろ」だそうです。カシコクナッタ。

秋スタンド2
秋色のスタンド

ダート短距離だし、迷わず関西馬を狙います。

パドックで目についたのは、メイショウハナモリヨドノビクトリー

ただ、メイショウは昇級初戦、かつ逃げ馬ということで切りました。

ヨドノは近走掲示板すらありませんが、着差はそれほどない。こちらにしよう。

買い方は…なにせここまで当たりがないので、弱気に複勝にしました。

欲をかいてヨドノ頭の馬単を買い、逆だったりしたら目も当てられないし…

第10レース、結果は。

ヨドノビクトリー、大外から追い込んで2着でした!

コロナ禍の観戦様式「叫んじゃダメ」を、ほんのすこーし破ってしまった。

カメカメこいこい!

  ※ヨドノの騎手:亀田ジョッキー

(まぁ、ほとんどささやき声でしたが…)

亀田温心はーと。改めて思いましたが、実に叫びがいのある名前です。

ハートォ!」もいいし、「カメダァ!」もなんかいい。

平常時に戻ったら、是非その名を存分に叫びたい(^O^)/

府中で見るエリ女

競馬場で耳にする、久々のG1ファンファーレ。

歓声はなく、手拍子と拍手による彩り。

ぜいたくを言うようですが、G1ファンファーレ直後の「ウオオー!」という地鳴りのような大歓声がないのは、やはり物足りない。

すいている競馬場は実に快適なんですが、歓声がないのは盛り上がりに欠けるというか…ないものねだりばかりしてしまう(-_-;)

写真は、ラッキーライラック連覇の瞬間です。

ラッキーライラック
ラッキーライラック連覇

ルメさん絶好調!

11/1秋天⇒ 11/7京王杯 ⇒ 11/8アルゼンチン ⇒ 11/15エリ女…毎週重賞を勝っている。

このまま11/22マイルCS・グランアレグリア、そして11/29ジャパンカップ・アーモンドアイまで駆け抜けそう。

11月29日、ジャパンカップ。

この日は、さすがにスマートシート、当たらないだろうなあ…(*_*)

コメント