バンベルク、痛恨の除外・・・

キャロットクラブキャロットの馬のこと

バンベルクが除外をくらってしまいました・・・

10/18(日)京都4レースの新馬戦に出走を予定していましたが、無念の除外。

非当選馬は、バンベルクとサウンドブライアンの2頭だけ。

ついてない。

決まってしまったものは仕方がないし、文句を言うわけではないですが、ひとこと。

メイショウの馬が3頭もいる・・・

1枠くらい、わけてほしいナーとか思ってしまう。

まぁ、馬主は同じメイショウさんでも、厩舎も生産牧場もそれぞれ異なるし、そもそも「同一馬主は何頭まで」などという決まりもありません。

でも。

1枠くらい、わけてくれないカナーとか思ってしまいました(+_+)

バンベルクはこの後どうするのでしょう。

キャロット公式を見てみると・・・オヤオヤ。

10/14時点の情報しかない。

「18日の京都競馬は非当選除外となりました。今後は様子を見て判断します」みたいなコメントが、ない。

インフォメーションには「本日の所属馬近況の通常更新は終了しました(10/15)」とあるので、忘れられちゃったぽい。

ついてない。

来週の京都には、1200メートルと1800メートルの新馬戦があります。うーん、なんか極端。

安田隆行厩舎なので、1200メートル戦に向かうのでしょうか。

あるいは、東京に遠征して1600メートル戦を使うという手も。

来年のNHKマイルカップを見据えて、東上もアリでは…と思います。

テイエムオペラオーとメイショウドトウは、ライバルでした。

でも引退式を同時に行なったくらいだから、「戦友」と言ってもよいかもしれません。

今回たったの2頭だけ非当選除外をくらってしまった、バンベルクとサウンドブライアン。

なんだかサウンドブライアンに対して、まだ戦ってもいないのに「戦友」みたいな気持ちを抱くのは私だけ・・・でしょうね(*^^*)

※10/16、キャロットの更新がありました。この後は来週以降の番組を検討していきます、とのことです。

コメント