【シルク2022募集馬】ディープストーリーの21。芝とダートの二刀流?可能性に満ちたマジェスティックウォリアー産駒

シルクカタログシルク募集馬の検討
スポンサーリンク

シルク2022募集馬。

今回は、募集№72・ディープストーリーの21についてです(^-^)

主戦場は、やっぱりダート?

ディープストーリーの21、基本情報はこちら。

マジェスティックウォリアー
ディープストーリー
性別
誕生日2021.4/12
所属栗東:田中克典厩舎
馬体重420kg
管囲20.0cm
総額2,500万円

今年のシルク募集馬で、ダート色の濃い種牡馬の産駒は何頭かおりますが。

代表格は東のヘニーヒューズ西のマジェスティックウォリアーでしょう。

ヘニーヒューズ。

アジアエクスプレスやモーニン、ワイドファラオなどを輩出しています。

募集№32・ユキチャンの21の父です。

マジェスティックウォリアー。

ベストウォーリアやエアアルマス、サンライズホープなどを輩出しています。

募集№72・ディープストーリーの21の父です。

ユキチャン21やディープストーリー21は、現在1歳。

彼らが3歳になる2024年には、「3歳ダート三冠競走」がスタートします。

JRA所属馬も、大井で行われるダート三冠レースに出走できるようになるわけで…。

ダート馬の需要が、今まで以上に高まる事が予想されます(^^♪

大井
大井競馬場。

――というわけで。

マジェスティックウォリアー産駒のディープストーリーの21には、当然注目が集まることでしょう。

デビュー戦は、芝?

ディープストーリーの21。

まっすぐな流星がカッコいい、栗毛の牡馬です。

ディープストーリーの21

マジェスティックウォリアー産駒ということで、どんな歩様なのか気になっていましたが。

動画を見ると、なんだか芝もこなせそうな感じ。

母父ディープインパクトが強く出ているのかも?

新馬戦は、芝のレースを使う可能性もあります。

※その後、ダートに方針転換…という可能性も当然ありますが(‘◇’)ゞ

二刀流の可能性を秘める、ディープストーリーの21

本馬を管理するのは、田中克典調教師。

今年の牝馬クラシックレースに、ピンハイを送り込みました。

ピンハイは、ミッキーアイル産駒。

ミッキーアイルの産駒は、メイケイエールやナムラクレアなど短距離での活躍馬が目立ちますが。

ピンハイは桜花賞5着、オークス4着と健闘。

距離2400mのオークスで掲示板に載るあたり、ピンハイの潜在能力は相当なもの。

そのピンハイを管理する田中厩舎の手腕も、相当なもの(^-^)

短距離ぽい血統の馬を、クラシックディスタンスで好走させました。

なので。

ダートぽい血統の馬(ディープストーリーの21)を、芝で好走させてくれるかもしれません。

もちろんダートでの活躍、3歳ダート三冠競走への出走も大歓迎ですが(*’▽’)

芝とダートの「二刀流」の可能性を秘めるディープストーリーの21。

中間発表①では、まだランクインしなかったけれど。

中間発表②では、出てきてしまうだろうなぁ…(´ー`)

コメント