【シルク2022募集馬】中間発表②、票数がエライことに…。だいたいの実績ボーダー予想も

シルクカタログシルク募集馬の検討
スポンサーリンク

シルク2022、第1次募集の中間発表が出ました!

中間発表②、たくさんの馬が新たにランクイン!

中間発表は全部で3回ありますが、今回(8/1)は2回目。

  参考:中間発表① → 7/27(水)

     中間発表③ → 8/4(木)

     募集締め切り → 8/5(金)17:00

中間発表②においては、

昨年の第一次募集申込総数の約25%のお申込みをいただいております。

ということなので。

「新たにランクインした馬、たくさんいるんだろうなぁ…」

と、おそるおそるリストを見たところ…。

ひぃぃ!

募集馬全77頭中、じつに47頭もの馬の名前がリストアップされました!

※№12レスぺランスと№56リアアントニアは募集取り下げなので、全77頭。

中間発表では、前年比15%17頭ランクイン。

中間発表では、前年比25%47頭ランクイン。

爆発的な頭数の増加です!

中間発表③は、8/4(木)ですが。

「前年比35%で、70頭ランクイン」みたいな事態になるかも(◎_◎;)

気になる実績ボーダー

――さて。

中間発表①において、ランクインした馬は全部で17頭でした。

そのうちわけは、美浦9頭栗東8頭。

中間発表②では、それが一気に47頭に増えたわけです(*’▽’)

うちわけは、美浦25頭栗東22頭。

申込み口数や抽優馬口数を見ると、ぼんやりと実績ボーダーが見えてきます。

実績1,000万円以上必要になるであろう “高嶺の花” も、1~2頭いそうな感じ…。

以下では、「だいたいの実績ボーダー」を予想したいと思います。

あくまでも「だいたい」ですので、ご了承ください_(._.)_

だいたいの実績ボーダーを予想する

【実績1,000万円以上】

◆№18・ラッドルチェンドの21

◆№50・レーヴドリーブの21

上記2頭は現時点で、総申込み口数600超え・抽優馬口数300超え

前年比25%の段階でこの数字…さらに票が集まるのは間違いないので、実績1,000万円以上必要になるでしょう。

※キャロットだったら、バツ狙いのための最優先はコチラ!という感じですね(´ー`)

【実績700万円~950万円】

◆№32・ユキチャンの21

◆№36・バラダガールの21

◆№39・マチカネタマカズラの21

◆№46・サロミナの21

◆№64・アルルの21

◆№67・モルジアナの21

上記の馬たちも、かなりの実績が必要になりそうです。

カタログや動画を見て

「これは良い!」

と思った馬たちは、たいてい実績的にムリ…ということが多い(‘◇’)ゞ

【実績400万円~650万円】

◆№4・オープンウォーターの21

◆№20・ギモーヴの21

◆№33・アズールムーンの21

◆№44・ウィクトーリアの21

◆№47・インヘリットデールの21

◆№49・キープシークレットの21

◆№74・ルシルクの21

毎年100万円以上出資していると、これくらいの実績を積むことができる!

…。

シルクにそんなに使えません!という方でも、人気馬に出資できる制度がありますね。

抽優馬制度バンザイ(*^^)v

【実績200万円~350万円】

◆№6・ロッテンマイヤーの21

◆№9・メリーウィドウの21

◆№14・ロゼリーナの21

◆№15・ツルマルワンピースの21

◆№19・ミスエーニョの21

◆№23・ブラックエンブレムの21

◆№24・シャトーブランシュの21

◆№27・イストワールファムの21

◆№53・カリンバの21

◆№62・シフォンカールの21

◆№66・アンティフォナの21

◆№73・トレジャーステイトの21

ブラストワンピース弟や、イクイノックス妹は、現時点ではそこまで票が伸びていません。

兄姉の活躍によって、募集価格が高く設定されているというのが原因でしょうか。

多少低めの実績ボーダーでも出資できそうな感じです(^.^)

  ↑どこが“低め”なのだ!という気も(-_-;)

中間発表②、まとめ

――ということで。

中間発表②における、だいたいの実績ボーダー予想でした。

次回の中間発表③は、8/4(木)。

そこで新たに名前が挙がるのは、

「今回名前が挙がらなかった馬、ぜんぶ」

みたいなことになるのでは…とか思ってしまう(*´з`)

抽優馬をどの馬にするか、そろそろ決めたいところです(^O^)/

コメント