5.8億円と、5.8万円。アドマイヤビルゴと、シルクの出資馬。

シルクシルクの馬のこと

昨日の日経新春杯

7番人気のショウリュウイクゾが勝ち、13番人気のミスマンマミーアが2着と、かなりの波乱。

1番人気のアドマイヤビルゴは10着。

初めて掲示板を外してしまいました。

これで彼の成績は [4.0.0.2]。

まだキャリアも浅いし、また稼いでくれるでしょう。でも。

5.8億円

アドマイヤビルゴは、2017年のセレクトセール出身。

ものすごい価格で取引されて話題になりました。

「ものすごい」としかいえない価格。

5.8億円。

しかし、5.8億円だけじゃ買えない。

そう。これに消費税がプラスされるのです。

当時の消費税は8%でした。さて、いくらになるかというと…

5.8億円の消費税(8%) → 4640万円

うーん。消費税だけで4640万円…(◎_◎;)。

セレクトセールでもう1頭買えるレベルの金額です。

ということで、アドマイヤビルゴのお値段は

5.8億円 + 4640万円 = 6億2640万円

です。

――で、彼の現在の総獲得賞金は約7900万円

私のような庶民は、つい「あといくら稼げばモトが取れる」などと考えてしまいますが、アドマイヤビルゴは…

あと5億4700万円稼げば、モトが取れます(*^^)v

まぁ、さっきも書いたけど、まだキャリアも浅いし、また稼いでくれるでしょう。きっと。

5.8万円

“5.8億円“ の話の後は、グッとスケールの小さい話を。

“5.8万円“ の話をします。

5.8万円。

つまり5万8千円です。

何の話かというと、「シルクの1口価格」について。

こないだの土曜の小倉9レースで、出資馬バルバレスコが走りました。

バルバレスコは、シルクの馬。

募集総額3000万円の馬なので、1口価格は6万円

一括払いだともうチョイ安くなる為、まぁ大体「5.8万円」です(‘◇’)ゞ

バルバレスコは、芝2000メートルを逃げました。

相変わらずクビの高い走法ですが、粘り腰はかなりのもの。

最後1番人気のイルーシヴゴールドにかわされはしましたが、2着を確保。

走破時計1分58秒5は優秀です。

これでバルバレスコの成績は [1.3.0.5]。

現在の総獲得賞金は、約1400万円。

あと1600万円稼げば、モトが取れます(*^^)v

比べるのもほんとアレですが、アドマイヤビルゴが5億円稼ぐよりも、バルバレスコが1600万円稼ぐ方が先なのでは…と思います。

先日のようなレースができれば、2勝目も近いでしょうし。

がんばれバレ…噛んだ。がんばれバルバレスコ(^O^)/!

コメント