ディオスバリエンテ、怒りの連闘!堀先生、勝利への情熱

レイデオロキャロットの馬のこと
スポンサーリンク

今回は、堀厩舎のディオスバリエンテについてです(^O^)/

怒りの連闘!ディオスバリエンテ

6月5日(日曜日)東京8レースに出走する、ディオスバリエンテ。

私は彼には出資していませんが、ディアデラノビア産駒の動向にはいつも注目しています。

ディアデラは小柄でかわいかったですが。

その子どもたちは、荒っぽい気性の馬が多くて応援も熱が入る(^-^)

ディオスバリエンテの、2走前。

5月8日、東京芝2000mでレーン騎手を背に2着でした。

この時、私は現地で観戦していましたが、直線で先頭に立って「勝った!」と思いました。

が。

最後、苦しくなったのか内にもたれてしまい、一気に勝ち馬にかわされてしまいました(>_<)

※勝ち馬…バニシングポイント。蛯名正義厩舎の初勝利。

蛯名師バニシングポイント
蛯名師初勝利!遠くから眺めました。

前走。

5月29日のレースは、東京芝1800mでレーン騎手を背に3着。

中2週という比較的タイトなローテで臨むも、勝つことはできませんでした…。

――そして、今回。

なんと、連闘です!(◎_◎;)

堀厩舎の連闘…なかなかレアなケースではないでしょうか。

「なんとしても勝たせたい…!」

という気迫が感じられます。

レーン騎手がライバルになってでも

鞍上はもちろんレーン騎手!

…じゃなくて。

デムーロ騎手です。

キャロのコメント欄には、

レーン騎手に先約があるため、今回はミルコ・デムーロ騎手を確保しています。

とあります。

堀先生は、レーン騎手の身元引受調教師。

ディオスバリエンテの直近2戦も、当然レーン騎手でした。

それなのに、今回は彼を起用できなかった…。

先週の敗戦後、“連闘”というチョイスはあったものの確定ではなく、流動的だったからレーン騎手を確保できなかったのかな?

そんなレーン騎手が乗るのは、アルファウェーブ。

馬主は吉田勝己氏。

吉田勝己さん
吉田勝己氏。ノーザンホースパークマラソン2022にて。

勝己さんはレーン騎手の契約馬主なので、堀先生も まぁ納得…なのでは(^-^;

堀先生の言葉

レーン騎手をライバルにまわしてでも今週走る、ディオスバリエンテ。

堀先生も、連闘するからには必勝を期しているはず(‘ω’)ノ

キャロの堀先生のコメントからも、勝利への執念はヒシヒシと伝わってきます!

以下、一部抜粋しますと…。

直のチェックでも、センターを用いてチェックしても歩様に悪化は見られません。

…センターを用いてチェック?

どゆこと?

すみません、不勉強なものでよくわかりません_(._.)_

線の上を歩いてブレがないかどうか確認するのでしょうか?

とりあえず、「連戦が続くけれど体調は万全!」と解釈します(^-^)

そして。

馬具も工夫して、勝利を目指します!

ブリンカーをフルカップにするとともに、後方が見える形態のヴァイザーに切り替えて臨みます。

…後方が見える形態のヴァイザー?

すみません、ヴァイザーはキャロットの馬だと思っていました_(._.)_

※ヴァイザー … ノヴェリスト × ヴァイスハイト。2015年生まれ。

ブリンカーにもいろいろ種類があり、カップ部分に切れ込みが入っている物がヴァイザーと呼ばれているようです。

がんばれ、ディオスバリエンテ

いやー、堀先生のコメントを読むと勉強になります!

全ては馬のため…勝利のために日々精進している先生の姿が思い浮かびます。

ディオスバリエンテ、堀先生のためにも(出資者や単勝購入者のためにも)待望の2勝目を!

ガンバレ(^O^)/

コメント