【キャロット2021】第1次募集、締め切り。私の最優先は…パルティトゥーラの20!

キャロット2021キャロットクラブ

昨日締め切りとなった、キャロット2021年度第1次募集。

Information には、

「多数のお申込、誠にありがとうございました。」

と ありますが。

会員からしたら、キャロットの社員さんには こう言いたい。

「多すぎる申込み、(処理して頂いて)誠にありがとうございました_(._.)_」

絨毯爆撃

――まぁ、それは冗談ですが。

今年のキャロットも、ものすごい売れ行きでした(^-^;)

“最優先“ は1人1つだからまぁよしとして、“一般” 票の多さといったら…。

中間発表②の時点で前年比35%

それでいてあの数字…。

「今年はいったい、何頭に出資できるのか?」

「ヘタしたら、出資馬ゼロなんてことになるんじゃないか?」

…そんな不安を払拭すべく。

“絨毯爆撃“ として、一般で手広くポチる。

その結果。

第1次募集で満口馬がズラリ。

――今年も、「第1次募集で全頭満口!」の快挙が達成される可能性が高そう(^-^;

死語

中間発表②で名前が出たのは、募集馬全91頭のうち、じつに82頭

アノ馬もコノ馬も軒並みランクインしてしまい、「ヒィィ」とノド鳴りのような音がしました。

この状況下で打てる最善手は…と考えながら、旋回癖のように部屋を歩き回りました。

――最善手。

まぁ、前述の “一般票による絨毯爆撃“ ですわな(‘◇’)ゞ

爆撃なんて言葉…全く穏やかじゃありません。

少し前のキャロットは、もっと平和でした。

2歳になっても残口アリ、という馬が結構いましたね。

「様子見」をして、満口スレスレのところで滑り込みセーフ!みたいな出資も可能でした。

様子見。

今や、完全に死語です。

――いや!

「完全に死語」かどうかは、まだわからない!

中間発表②で、名前が出なかった下記9頭

  ・募集番号2番 コケレールの20

  ・募集番号18番 バイラオーラの20

  ・募集番号42番 フォトコールの20

  ・募集番号58番 スペクトロライトの20

  ・募集番号61番 ラフォルジュルネの20

  ・募集番号68番 エレガントマナーの20

  ・募集番号73番 ピュアブリーゼの20

  ・募集番号84番 グリューヴァインの20

  ・募集番号88番 キャヴァルドレの20

彼ら彼女らの中には、もしかしたら?

様子見が可能な仔も…。

……。

…。

いないでしょうね( ;∀;)

最低最高

個人的には、バイラオーラの20は良い馬だナーと思っていました。

なので。

中間発表②で名前がなかったので、

「やった!一般でゲット(^O^)/」

とか一瞬思いましたが。

そんなわけない。

中間発表②の様相を見て、恐慌状態に陥った会員様が多数、ポチったに違いないですから。

ましてや、バイラオーラは母馬優先アワブラ

非アワブラよりも出資のハードルは高いわけで、「無風でゲット!」なんてムシの良い話はないでしょう。

抽選対象馬が発表されるのは、9/16(木)。

そして。

抽選結果通知は、9/17(金)。

この2段構え。

最低ですね!

…間違えた。

最高ですね(^O^)/

9/16に抽選対象馬を発表し、「ワァドナイショ」と攪乱するも、混乱状態はあまり長くない。

翌日には結果を教えてくれる。

なんの前触れもなく結果を教えたって別に構わないのに、事前に抽選対象馬を発表する――。

「配慮」という2文字が思い浮かびます。

9/16に発表される、抽選対象馬。

正直、見るのが怖いなァ。

バイラオーラの20も間違いなくランクインするだろうなァ。

…それどころか。

私の最優先の抽選状態がどんななのか、見るのがコワイ。

私の最優先。

それは――

パルティトゥーラの20!!

中間発表②の時点で、かなり上位の人気となっていたパルティトゥーラ。

  ・総申込数 → 686口

  ・母馬優先+最優先 → 150口

  ・母馬優先(一般) → 46口

  ・最優先 → 138口

最終的に、どこまで票を伸ばしたのやら…。

パルティトゥーラについては、また別の機会にじっくり(^O^)/

コメント