【キャロット2021募集】ジオグリフの勝利が、ドレフォン産駒への最優先を加速させる!?

キャロット2021キャロットクラブ

キャロット2021募集の締め切りまで、あとわずか。

9/6(月)夕刻に中間発表②が出たら、9/7(火)夕刻には締め切りです。

キャロット募集に影響する事柄

シルクには、募集締め切り前に「おうちツアー」と題した動画がアップされましたが、キャロットにはそういった追加情報はないんでしたっけ。

 ※おうちツアー … ノーザンファーム空港のかどさんが、募集馬 全頭レビューを披露してくれるもの。

コロナ禍の為に募集馬見学ツアーもないし、ネット上での評判を参考に出資馬を決める方も多いと思います。

そんな中、募集馬の票数に多大な影響を与えるのが…。

そう!

この土日の競馬の結果です(^O^)/

例年、締め切り直前の土日に行われたレースの結果は、票数にかなりのインパクトを与える…気がする。

今回は、そんなトピックを3つ取り上げて書いてみたいと思います(^-^)

①ドレフォン

まずは、ドレフォン

9/4(土)札幌2歳Sを、ドレフォン産駒のジオグリフが圧勝しました。

あまりの楽勝に、最後の直線でルメール騎手が「右、左」と後方確認する姿が印象的でした。

新馬 → 重賞と連勝し、2戦2勝。

「来年のクラシック候補!」みたいな声も聞こえてくるくらいの強さです。

この勝利によって、“ドレフォンは中距離もOK!“ と認識されました。

なので。

キャロットのドレフォン産駒も、人気がヒートアップするのでは。

関東馬3頭、関西馬3頭。

でかい馬もちっちゃい馬もいますが、票数を伸ばしてきそうです。

②ミッキーアイル

続いては、ミッキーアイル

9/5(日)小倉2歳Sを、ミッキーアイル産駒がワンツーしました。

  ・1着 ナムラクレア

  ・2着 スリーパーダ

振り返ってみれば昨年の小倉2歳Sも、ミッキー産駒のメイケイエールが勝利。

ディープ後継として、短距離戦線では存在感を増しています。

今年のキャロット募集馬に、ミッキー産駒は1頭だけ。

募集番号41番アドヴェントスの20。

クビも短く馬体もコロンとしており、まさに短距離が主戦場という印象です。

中間発表②で名前が出てきそう。

――また。

ミッキー産駒ではありませんが、小倉2歳Sでスリーパーダが連対を果たしたので。

彼女の半妹である、募集番号86番・シンハリーズの20には最優先がたくさん行使されるでしょう。

――さらに。

スリーパーダの近親である、募集番号25番・シンハディーパの20も票数 激伸びでしょう。

一般じゃ取れないだろうなぁ…(^-^;

③トータルヒート

そして、トータルヒート

9/4(土)メイクデビュー新潟で、トータルヒートの仔 キャンデセントが勝ちました。

キャンデセントは、“父ディープインパクト・藤原英昭厩舎・福永祐一騎手“ というプロフィールの持ち主。

これだけ見ると、今年のダービー馬シャフリヤールと重なりますね。

勝負服も、シャフリヤールと同じ。

つまり…。

サンデーレーシングです!

……。

…。

「トータルヒートはキャロット所属で5勝もしたのに、なんで産駒はキャロットじゃないの!?」

という声もかなりあったようですが。

トータルヒートの20は、待望のキャロット募集。

厩舎は、半兄と同じ藤原先生。

初陣の鞍上には、きっと福永騎手の姿があることでしょう。

トータルヒートの20の父親は、残念ながら天国に旅立ってしまったドゥラメンテ

いろいろな意味で、トータルヒートの20には最優先がたくさん行使されると見て間違いありません。

中間発表②までの過ごし方

――というわけで。

この土日のトピックから、キャロット募集に影響のありそうな話題を3つ取り上げてみました。

明日の中間発表②を待たずして、「一般じゃムリだナ」という馬が増えた…とも言えます。

なので。

中間発表②までは、「なんとか一般で行けそうかナ」という馬を探す…そんな時間を過ごすことになりそうです(‘◇’)ゞ

コメント