シルク2021第一次募集、結果発表! 抽優馬は当選?ハズレ?

シルク2021シルク募集馬の検討

シルク2021第一次募集、結果が出ました!

中間発表後にグーンと数字を伸ばした馬もいたようですね。

実績トップ5! 1000万やら800万やら

まずは。

「実績1000万円超えの馬はいたのか?」

について見ていきたいと思います。

実績トップ5はこちら! ↓

 募集馬名  父 総申込口数  抽優馬口数  必要実績 
1ロザリンドの20リアルスティール18518101059万円
2サダムグランジュテの20 シルバーステート 3179877842万円
3ピラミマの20ハーツクライ22201053735万円
4ツルマルワンピースの20ハービンジャー1605663654万円
5パンデイアの20モーリス2322745626万円

実績1000万円超えは、1頭のみ。

ロザリンドの20!

ロザリンド

総申込口数トップのサダムグランジュテを抑え、実績ナンバーワンに輝いたのはロザリンドでした。

名牝シーザリオ一族であり、半兄オーソリティも重賞2勝と活躍中。

改めてカタログを見ると…やはり良い馬です(^O^)/

ロザリンドに次ぐ実績2位は、サダムグランジュテ

サダムグランジュテ

中間発表時はサダム独走といった様子でしたが、最終的には2位。

とはいえ、842万円というのも凄い数字ですヨ…。

この後始まるキャロットの募集でも、シルバーステート産駒に注目が集まるかも。

実績3位は、ピラミマ

ピラミマ

抽優馬口数1000票超えは、ピラミマのみ。

ロザリンドやサダムを上回っているわけです。

「実績ではムリだろうけど、なんとしても欲しい…!」

という思いが、“抽優馬口数1000票超え“ という数字に現れています。

ホント、私もピラミマ欲しかった…。

最後まで抽優馬を使おうか迷っていたくらい。

(結果的に、別の馬に使いました)

今年の抽優馬はキミだ!…そして結果は

抽優馬

私が行使したのは…

リミニの20!

リミニ

国枝厩舎所属・父モーリスの、グッドルッキング牝馬です。

そんなリミニの数字はというと…。

 募集馬名 父 総申込口数  抽優馬口数 必要実績
リミニの20 モーリス 1974539 285万円 

ロザリンドやサダム・ピラミマほどではありませんが。

実績285万円!

これだって相当です…。

中間発表の数字から、厳しい戦いになることは明らかでした。

なんとか抽優馬で当たってほしい…と願い、リミニに行使。

申込み口数は、1口

気分的には複数口いきたいところでしたが、昨年の反省を踏まえ、1口にしました。

昨年の反省、とは何かというと…。

昨年、私は抽優馬をイクイノックスに行使しました。

結果はハズレ

強気に5口もいったのが失敗のモトだったのかな、と思ったのです。。。

シルクの「お申し込み口数のお取り扱いについて」という文章を読むと。

“申込み口数での当選または落選になる“ との事。

「5口申し込んで、1口だけ当選する」みたいなことはあり得ないわけです。

なので。

「1口での申込みにしていたら、混雑する電車になんとか入りこむ感じで、当選していたかも…」

とか思ったのです。

5人家族全員が乗るのはムリでも、1人だったら乗れていたかも…とか思ったのです。

上記の思考が正しいかどうかはさておき。

昨年とは違い、今年は抽優馬を1口で行使。リミニちゃん。

さぁ!結果発表の時。

私は、激烈にこんでいる電車に乗ることができたのでしょうか?

運命の抽選結果はこちら ↓

 抽選時優先馬  申込口数  当選口数  落選口数 
リミニの20101

当選口数0!

落選口数1!

つまり…ハズレでした!(;O;)!

また電車に乗れなかった…。

STAY HOMEでヨロシク!と言われた気分。

――でも。

リミニこそ出資できなかったけど、他に出資できた馬がいます。

新たに仲間になった馬たちについては、また日を改めて書きたいと思います(^O^)/

コメント