キャロット2021募集馬、価格発表! シーザリオ産駒は、関東のアノ調教師の所に?

レイデオロキャロットクラブ

キャロット2021募集馬の価格が発表されました(^-^)

高い馬と、安い馬

まず。

ミリオンホースはいませんでした!

ディープインパクトの不在を改めて感じます。

最も高い馬は、8000万円

4頭いますね。

  父  母 性別 総額一口
募集番号9エピファネイア バウンスシャッセ牡馬 8000万円  20万円 
募集番号42 Quality Roadフォトコール牡馬8000万円20万円
募集番号44ロードカナロアアヴェンチュラ牡馬8000万円20万円
募集番号51エピファネイアクルミナル牡馬8000万円20万円

いずれも牡馬。

エピファネイアロードカナロアは、種付け料が高いので ある意味納得ですが。

Quality Road産駒も8000万円…どんな馬なのか、カタログが楽しみです。

――逆に。

安い馬はどれくらいのお値段かというと…。

  父  母性別総額一口
募集番号73 キンシャサノキセキ ピュアブリーゼ メス  1600万円 4万円
募集番号75サトノクラウンクレオールメス1400万円 3万5千円 
募集番号82リオンディーズホワイトミーティア メス1800万円4万5千円
募集番号85スクリーンヒーローカニョットメス1800万円4万5千円
※地方入厩予定馬を除く。

いずれも関西の牝馬。

ベテラン種牡馬あり、新種牡馬あり…という感じですね。

このお値段で好馬体だったりすると、一気に争奪戦の様相を呈するから怖い( ゚Д゚)

  ※ちなみに、今年の牡馬の最安値は2000万円。

  年々、最安値ラインは底上げされている気がします。

ラドラーダと、シーザリオ

リーズナブルな牝馬たちについて触れましたが。

関東には、実質 最高額とも言えるような牝馬が2頭。

  父  母性別総額一口
募集番号3 ロードカナロア ラドラーダ  メス  7000万円  17万5千円 
募集番号4ロードカナロアシーザリオメス7000万円17万5千円

ハンデ戦に例えるならば。

牡馬55kg・牝馬54kgなら、実質トップハンデは牝馬の方…みたいな感じ。

牡馬8000万円・牝馬7000万円なら、最高額は彼女ら…なのかも。

この2頭は、キャロットを代表する名牝。

いや!競馬界を代表する名牝です(^O^)/

ラドラーダの20シーザリオの20は、関東所属。

いったい、どこの厩舎に入るのか?

まずは、ラドラーダの20

レイデオロを筆頭に、レイエンダやティソーナら兄弟は藤沢先生が管理していました。

しかし。

藤沢先生は来年2月で引退…。

てことは。

やはり、国枝先生のところになるのかな?

間違いなくルメール騎手が乗ってくれるだろうし(^-^)

次に、シーザリオの20

シーザリオ産駒は、トゥエルフスナイトルペルカーリアまで、みんな関西所属でした。

みんな、ノーザンファームしがらきで過ごしてきたわけです。

それが、今回は関東所属。

てことは。

見えてきました!

関東の調教師で、ノーザンファームしがらきを多用する、アノ人。

シーザリオの20を管理するのは…

ズバリ、堀先生でしょう!

…なんて予言をかまして、今回はおしまい(^^)/

※ ↑後日。

  ラドラーダの20は栗田徹厩舎、シーザリオの20は国枝栄厩舎と発表されました。

コメント