カジノフォンテン、かしわ記念V! ←グレンツェントも負けるな

グレンツェントシルクの馬のこと

5/5、船橋競馬場で行われた かしわ記念

地方馬 カジノフォンテンが優勝しました(^O^)/

カジノフォンテンV

地方馬が かしわ記念を勝つのは10年ぶり

  ※前回の地方馬の優勝 → 2011年 フリオーソ

今回の出走メンバーは、12頭中6頭がJRA所属馬でした。

カフェファラオ・タイムフライヤー・インティ・サンライズノヴァなど、超豪華な顔ぶれ。

そんなJRAの強豪相手に、先行して押し切ったカジノフォンテン。

さぞかし好配当が飛び出ただろう、と思いきや。

単勝360円(^-^)

カジノフォンテン、2番人気に推されてた。

それもそのはず、前走が圧巻でしたものね。

前走。

そう!

京成盃グランドマイラーズ(S2)です(^O^)/

京成盃グランドマイラーズ

4/8に行われた、船橋競馬場の1600メートル戦です。

このレースで、カジノフォンテンは「あの馬」に大差をつけて逃げ切りました。

あの馬、とは誰か。

そう!

グレンツェントです(^.^)

正確な着差を記しますと…

  1着 カジノフォンテン

  2着 タービランス (クビ差)

  3着 チェスナットコート (大差)

  4着 グレンツェント (クビ差)

…こういう結果でした。

2着と3着の間に大きな差があったわけです。

まさかグレンツェントがこんなにブッちぎられるなんて、レース前は思いもしなかった。

レース直後だって、「前が止まらないんじゃ、仕方ないよナー」とか嘯いてた。

でも。

今ならわかります。

カジノフォンテンは強い馬だ!ということが。

58kgの斤量を背負いながらも、自らレースを作って勝利する…強い馬じゃないと、こんなことできない。

京成盃グランドマイラーズでの経験が、今日のかしわ記念に生きたのは間違いありません。

がんばれグレンツェント

――しかしなー。

昨年(2020年)は、グレンツェントカジノフォンテン“ 勝ったり負けたり “ て感じかと思っていたんだけど…。

実際、グレンツェントが先着したレースだってあるわけで。

◆5/13 川崎マイラーズ

  1着 グレンツェント

  5着 カジノフォンテン

◆7/29 マイルグランプリ

  2着 グレンツェント

  7着 カジノフォンテン

グレンツェントは、“ 2020 TCKスプリンター賞 “ のタイトルホルダー(大井では勝ってないけれど笑)

8歳という年齢を見ちゃうとアレだけど、どっこい10走連続で掲示板を確保している。

川崎とか大井なら、カジノフォンテン打倒も充分あり得ます。

がんばれグレンツェント(^O^)/

コメント