ルナシオン、春興ステークス大敗。敗因は、うーん、やっぱり…。

シルクシルクの馬のこと

春興ステークスに出走したルナシオン

3番人気で、10着という結果でした!

10頭立ての10着なので、つまり。

ビリです!

…。

……。

敗因はいろいろ考えられる。ちょっと考察したいと思います。

敗因① … 馬場

まず、真っ先に思い浮かぶ敗因を。

それは…馬場

昼前から降り出した雨により、春興ステークスは重馬場で行われました。

「ノーザンの馬は、重馬場では云々」

「藤沢厩舎の馬は、重馬場では云々」

といったコメントをネット上でよく見かけますが。

ルナシオンは過去3勝のうち2勝を稍重で挙げているので、まぁ大丈夫かなと思っていました。

でも、ビリ…。

やっぱり今日の負けは、馬場のせいかな(‘Д’)

敗因② … 中山

馬場の次に思い浮かぶ敗因は、「中山」でしょうか。

ルナシオンは今まで4戦していますが、その全てが東京競馬場

中山競馬場で走るのは、本日が初めてでした。

つまり、右回りも初めてということです。

とはいえ、調教では右回りもこなしているし、まぁ大丈夫かなと思っていました。

でも、ビリ…。

やっぱり今日の負けは、右回り & 中山競馬場 のせいかな(‘Д’)

敗因③ … 二走ボケ

さらに思い浮かぶ敗因として、「二走ボケ」があります。

前走、ルナシオンは休み明けのレースを快勝しました。

8ヶ月ぶりのレースだったからか、馬体重は驚異の26キロ増(@_@)

「成長したナー!」とレース前は嬉しいやら心配やらでした。

しかし!

ド派手な出遅れからの、ド派手な差し切り勝ち。いやー、強かった(^-^)

その休み明けの前走から、約2ヶ月で今回のレース。

順調にまぁ調教も積めているし、大丈夫かなと思っていました。

でも、ビリ…。

やっぱり今日の負けは、二走ボケのせいかな(‘Д’)

敗因④ … 〇〇

春興ステークスのルナシオン。

出遅れは、まぁ想定内。

しかしその後のレースぶりといったら…。

最後方でひっかかり、それを抑え、また行きたがる…実にチグハグ。

馬場の悪い内目を避けて外目を走るのはよかった。けど。

見せ場ゼロ、最低人気の8歳セン馬から3馬身遅れで入線。

つまり。

何度も言いたくないけど!ビリです。

やっぱり、今日の負けは、〇〇のせいかな(*’▽’)

次走、Christophe Lemaireも乗れる54キロのレースで巻き返しを…!

※関連記事:ルナシオン、53キロじゃルメール騎手は乗れないってよ。春興ステークス

コメント