メイケイエール×エリザベスタワー! ならんだならんだ、チューリップのハナ

チューリップレースのこと

今年のチューリップ賞

メイケイエールエリザベスタワーが、完全に馬体をならべてゴールイン!

童謡『チューリップ』のように

肉眼ではまったくわからない…間違いなくハナ差の勝負と思いました。

「ならんだならんだ、チューリップ賞はハナ差」

童謡『チューリップ』のメロディーが頭をよぎる(^-^)

1枠メイケイエール、5枠エリザベスタワーによる大接戦だけに、

「ならんだならんだ、しろきいろ」

こんなフレーズも頭をよぎる(^-^)

小さなこどもが歌う「チューリップ(賞)のうた」を想像しつつ、写真判定の結果を待っていると…。

まさかの1着同着!

メイケイエールとエリザベスタワー、2頭がチューリップ賞 優勝馬に。

どのはなみても きれいだな(*´ω`)

チューリップ賞 優勝馬、メイケイエール

しかし、メイケイエールというのはすごい馬。

いろんな意味で、すごい馬。

レースを振り返る為に、全周パトロール映像を見てみましたが、まぁオテンバというかが強いというか…。

スタート直後から、クビを上げて行きたがるそぶり。

そんな状態で右⇔左と蛇行するように走るものだから、鞍上の武騎手も手を焼いたことでしょう。

手綱での操作重心移動でのスピード調整など、技術のすべてを注ぎ込む様子を見ることができました。

51歳の騎手会長を手こずらせるとは…まったくヤンチャな3歳牝馬です。

というか逆に、「3歳の女の子だから」と言うべきなのかな。まだ力の “オン/オフ“ がわかっていない。

それでいて優勝するのだから、たいした馬です。

完成の域に達したら、どれほどの大仕事をするのか…実に楽しみ!(^^)!

チューリップ賞 優勝馬、エリザベスタワー

エリザベスタワーも、能力の確かさを見せつけました。

新馬勝ちがド派手な大外一気だった、エリザベスタワー。

「これは大物!」と注目を集めました。

2戦目のエルフィンステークスこそ大敗するも、本日のチューリップ賞ではしっかりとした末脚を披露。

新馬戦圧勝はダテではなかった…見事、チューリップ賞の勝ち馬に。

こちらもまだまだ課題は多いようで、完成形が今から楽しみです(^O^)/

どうなる桜花賞

さて、チューリップ賞が童謡『チューリップ』のような結末を迎えたので…。

桜花賞が同様に童謡『さくら』のような決着になったら動揺(;´д`)

コメント