ピヨピヨピピピ、ようやく出走! 原騎手の華麗なる土曜日

馬名についてレースのこと

ピヨピヨピピピ、ようやく出走です(^O^)/

先々週&先週と、新馬戦で2週連続除外をくらっていたピヨピヨピピピ。

新馬戦の終了に伴い、未勝利戦でのデビューとなりました。

  ※↑関連記事1:【馬名について】ニャンニャン&ピヨピヨピピピ

  ※↑関連記事2:ニャンニャン出走!ピヨピヨピピピはまた除外に…

彼女(ピヨピヨ)が出走するのは、2月27日(土)中山1レース、ダート1200メートル戦。

鞍上は原優介騎手です。

原騎手は先週、12番人気のマイステージを勝たせて単勝18320円という波乱を演出しました。

今週も穴あけるかも。。。

原騎手の華麗なる土曜日

そんな原騎手。

土曜日は全部で7鞍騎乗しますが、その中から注目馬として、下記3頭をピックアップ!

◆1レース … ピヨピヨピピピ

◆2レース … ハラジュク

◆8レース … フクダイトウリョウ

ヒヨコの鳴き声で一日が始まり、そのあと原宿でひと汗かいて、午後は副大統領と共に仕事をする。

ものすごく充実した一日!!

鳥の声で目覚め、街で活躍し、偉い人と共に仕事をする――なんて素晴らしい一日。

がんばれ原騎手(^O^)/

最強のネーミング・センス

ところで、ニャンニャンとかピヨピヨといった言葉は、いわゆる擬音とよばれるもの。

擬音の馬名で印象に残っている馬を2頭ご紹介して、本日は締めくくりです。

◆ノロノロ

馬主:小田切有一氏

ノロノロ…。

スピードを競うサラブレッドに、あえてノロノロと名付ける。さすが小田切さん(^^)

ノロノロは未出走で繁殖入り。ダイナガリバーとの間にできた子供が、またすごい名前で…↓

◆ゴロゴロ

馬主:小田切有一氏

ノロノロの息子、ゴロゴロ。

ゴロあわせ、いや語呂あわせ的な?…韻を踏んでるというか。

雷をイメージしたのかもしれない。強そうです(‘ω’)ノ

ゴロゴロ、デビュー戦は5着でしたが、次走で2着。

ソロソロ、勝つかと思ったところ。

アレアレ、たった2戦だけで引退…。

シクシク、勝つところ見たかった(;_;)

今改めてゴロゴロのプロフィールを見たら、おっと。

2戦とも蛯名正義騎手が騎乗。

ゴロゴロの調教師は、蛯名騎手の師匠である矢野進師でした。

今週引退の蛯名騎手、ゴロゴロのこと覚えているのかな…。

蛯名騎手、マダマダその手綱さばきを見たかったけれど。

ハレバレした表情で、次なるステージへ旅立って(^-^)

コメント