パドックの風景

馬名についてレースのこと

無観客競馬になって、パドックの風景は変わりました。

横断幕がない。

今まで当たり前だった、色とりどり・デザイン様々な横断幕。馬や騎手への華やかなメッセージを目にしなくなって、もう半年です。

しかし、9月12日の中山競馬のパドックを見てびっくり。

横断幕ではないけれど、パドックの柵にメッセージがあったのです。

コロナ禍 みんなでがんばろう 中山馬主協会

柵の内側に文字をはりつけた感じで表現された、このメッセージ。

ファンはもちろんのこと、生産者や育成牧場など、全国の競馬関係者に向けてのエール。いや、競馬関係者に限らない、全国に向けてのエールです。

また、この文字以外の所には、馬のデザインの壁掛け観葉植物が飾られており、パドックを彩っていました。

「ファンが入場できない、つまり横断幕のないパドックを、なんとか華やかにできないものか」と考えた中山馬主協会による、粋なはからいなのでしょう。

なかなか中山馬主協会ってやるじゃん、と思いました。

そう思ったついでに、中山馬主協会のサイトを見てみました。すると。

キャプテン渡辺がコラム(インタビュー)を担当しているではないですか。

ウイニング競馬以外の仕事をしていたんだ、と(初めて)知りました。。。

コメント