ヴァーダイト、通算3勝目! ダート界の新星となれ

キャロットクラブキャロットの馬のこと

ヴァーダイトが通算3勝目を挙げました!

ダートに限れば、3戦2勝。

前走の中京ダートでの敗戦がウソのような、実に強い勝ち方でした(^o^)

とはいえ本日のレースに臨むにあたり、私は彼に全幅の信頼は置いていませんでした(スミマセン)。

前走、昇級初戦の敗退を見て、

「なんかフォルトファーレンぽいのかもナ…」

そんな印象を抱いたからです。

ヴァーダイトに見る、全兄の姿

フォルトファーレンは、ヴァーダイトの一番上の兄。

2頭は全兄弟です(父ディープインパクト、母クリソプレーズ)。

フォルトファーレン。

フォルトは芝でデビューするも芽が出ず、初勝利はダート。

500万条件では2ケタ着順が続きますが、昇級4戦目に2勝目をゲット。

1000万条件に昇級するも通用せず。

その後、今ではなつかしい “降級” により再度500万条件へ。

やがて音無厩舎から大和田厩舎に転厩すると、芝長距離で連対するなど新味を見せ、7歳まで現役を続けました。

黒くて見栄えのする、カッコいい奴でした(^ ^)

黒くて見栄えのする、カッコいいヴァーダイト。なにせフォルトと全兄弟。

フォルトは昇級直後は大敗していた。なので。

「ヴァーダイトもなぁ…もうちょいクラス慣れが必要なのかなぁ…」

みたいに思ってしまった。

ヴァーダイトに見る、半兄の姿

そして。本日のレース中盤、向こう正面あたりでは。

2番手追走ヴァーダイトの外を、他馬がぐんぐん上がって追い抜いていくシーンが。

それを見て、

「なんかリアファルの菊花賞みたいだナ…やだな」

と嫌な予感がしました。

リアファルは、ヴァーダイトの半兄。

父ゼンノロブロイ、母クリソプレーズです。

リアファル。

クリソプレーズの長男フォルトファーレンと違い、4番仔リアファルは新馬戦から勝利。

ダートでデビューしたけれど、その後 芝のマレーシアカップ → 神戸新聞杯と連勝。

菊花賞では1番人気に支持されるも、キタサンブラックの3着でした。

その菊花賞。

レース中盤、2番手追走リアファルの外を、他馬がぐんぐん上がって追い抜いていく。

「うわー、やめろやめろ(;´д`)」

声が出ました。

にわかに先行争いが激化…間違いなく、ここがレースのキーポイントでしたね。

この流れに巻き込まれず、息をひそめていたキタサンが勝ったわけです。

ホント、あの激流が痛かった(;_:)

で、話は本日のヴァーダイトのレースに戻ります。

先行するヴァーダイトを、外から他馬が追い抜いて行く…リアファルの菊花賞がよぎる。

「うわー、やめろやめろ(;´д`)」

そんな思いで見てました。

ヴァーダイトに見る、明るい未来

しかし、そんな弱気な私の思惑など関係なく。

ヴァーダイトは勝った!!

半兄クリソベリルのように…と言うのはまだチト早いかな。

クリソライトのように…そう、クリソライトのように!

直線、抜け出してからは堂々たる横綱相撲でした(*^▽^*)

全姉マリアライト & 全姉エリスライトも、古馬になって勝ち星を追加しましたし。

ヴァーダイトの今後は明るい(*^^)v

   ※関連記事↓

    ヴァーダイト、初ダートで圧勝! 兄クリソベリルに続け

コメント