クリソベリル、手術終了。

日と馬キャロットの馬のこと

本日。

クリソベリルは、社台ホースクリニックで手術を受けました。

手術は無事に終了したとのことで、まずは 一安心です。

難しい言葉。

患部は、右後肢繋ぎの輪状靭帯

“輪状靭帯“ と聞いて、「あぁ、あのへんネ」と即座にわかる人は、すごい。

今回クリソベリルが受けたのは、“腱鞘鏡手術“ だそうです。

「あぁ、あの手術ネ」と即座にわかる人は、、すごい。

そして。

腱鞘鏡により、輪状靭帯の周囲にある “滑膜” の一部の組織に痛みが見られたことから、“滑膜炎” の状態にあることが確認されたそうです。

……。

「ああ、なるほどネ」と即座にわかる人は、、、いるんでしょうか?(◎_◎;)

クリソベリル、今後の見通し

そんな状態の、クリソベリル。

今後の見通しも記載されていました。

・抜糸までは、舎飼で経過観察。経過が順調なら――

・抜糸後に曳き運動

・術後1ヶ月を目途に、マシン運動へと移行できる見通し

・その後は、状態を確認しながらリハビリを進める

とのこと。

輪状靭帯を負傷するというのは「極めてレアケースの症例」らしいので、非常に慎重に進めていくものと思われます。

今年中に復帰、できるかな…。正直、難しいかな…。

来年。2022年のサウジカップで、クリソベリルの雄姿を見ることができたら。

こんなに嬉しいことはありません。

へこたれない根性を持つ、クリソベリル。

この困難を乗り越え、無事に戻ってくることを信じています(- -)/

無事、是、名馬。

――それにしても。

輪状靭帯。

腱鞘鏡手術。

滑膜炎。

じつに難解な言葉です(-_-;)

今回、「これらの言葉の解説をしようかな?」とも少し思ったんですが。

あまりにも専門的になってしまうので、あきらめました。

(簡単に説明できる気がしないし、簡単にわかるような分野でもない(~_~))

改めて感じたのは、

「お医者さんはすごい!」

ということ。

獣医さんもそうですし、人間のお医者さんも。

医療の重要性を考えずにはいられない、昨今。

「無事是名馬」

人間もこれを実践したい、2021年です。

コメント