バンベルク、中央再転入!小林厩舎には、あの腕利き助手が。

キャロット2021キャロットの馬のこと
スポンサーリンク

バンベルクが中央に戻ってきました!

バンベルク、中央復帰!

バンベルクは、キャロットの3歳馬。

中央の未勝利戦で勝利をつかむことができず、ファンド継続のまま園田へ移籍。

そして。

園田で2勝を挙げ、無事に中央再転入の運びとなりました。

 ※関連記事:バンベルク、園田で2勝! 祝・中央復帰

園田での2勝は、ゾクゾクするような大差勝ち!…ではなく。

まったくもって、ヒヤヒヤするような辛勝でした(;’∀’)

なので。

中央復帰初戦は、きっと人気薄での出走となるでしょう!

バンベルク。異色の エピファ × ディープ

――とはいえ。

バンベルクにとって、「園田のダート短距離」という条件がベストだったかというと…。

そんな気は正直しません。

彼の血統は、父エピファネイア、母父ディープインパクト。

この配合の馬を検索したところ…。

アリストテレス・オーソクレース・ディヴァインラヴの名前がまず挙がりました。

こ、これは…。

みんな、菊花賞で好走した馬たちではないですか!(*´з`)

アリストテレスは、三冠馬コントレイルに迫る2着。 ←2020年

オーソクレースディヴァインラヴは、逃げたタイトルホルダーには及ばなかったけれど、2着・

3着。 ←2021年

また。

シルクの長距離砲ビーマイオーシャンも、同じ配合です。

こうして見ると。

エピファ × ディープという配合は、やっぱり芝の長距離で真価を発揮する馬が多いようですね。

そんな中、園田のダート短距離で2勝を挙げたバンベルク。

なんだかとっても異色に見えてきます!

「2勝挙げた」というより、「2勝挙げた」と言いたくなってくる。

あまり得意じゃない(と思われる)条件でもよく頑張った!

…ゴール直前で止めそうになる難しい気性は、今後もつきまとうだろうけど。

中央の再転入先で、いかに最後まで集中して走らせるか?が問われます。

小林厩舎の、腕利き助手

バンベルクの再転入先。

それは…。

栗東の小林真也厩舎です!

…。

すみませんが、最初は顔が思い浮かびませんでした。

JRAの調教師名鑑で顔写真を拝見したところ…やっぱり、見たことのない方だった_(._.)_

でも!

小林先生、2021年3月に開業して、もう既に10勝を挙げています。※12/15現在

そして!

小林厩舎には、かつて角居厩舎でシーザリオリオンディーズを担当していた鈴木裕幸助手が働いているとのこと。

メガネをかけた方です。

写真を見れば、「ああ!あの方ね!」とわかる人もいるかも。

そういえば、リオンディーズの弥生賞出走時の写真があったっけ――

リオンディーズ
リオンディーズと、鈴木助手。

…ちょうど顔が見えなかった(´ー`)

でも!リオンを曳いているのが鈴木助手です。

こんな写真しかなくてスミマセン。

――えーと、何が言いたいかというと。

つまりこういうことです!

新進気鋭の小林厩舎で、優秀なスタッフに鍛えてもらって!バンベルク!(^-^)

コメント