無観客競馬に思うこと

馬名についてレースのこと

無観客競馬、10月まで続くようですね。

10月以降も、情勢は不透明なわけですし。

コロナが蔓延する前、普通に競馬場へ行っていた頃が遠い昔のように思えます。その、遠い昔の話を少し。

とある日曜日、外ラチ近くで返し馬を眺めていた時のこと。いま競馬場に着いたところ、といった感じの若者二人が、以下のような会話をしていました。

「競馬場に来るのって、いつ以来かな。一年ぶりくらいかも」

「マジかよ? 俺なんて先週も来たから一週間ぶりだぜ」

そんな会話でした。

「マジかよ? 俺なんて昨日も来たから二日連続だぜ」

というのは私が思ったことで、口に出したわけではありません。二日連続で来たから、何だというのだ。

外ラチのファンになど目もくれず、馬たちは芝を蹴立てて走っていきます。。。

2020年2月29日から、無観客競馬が続いています。もう、半年も競馬場に行ってない。

「競馬場に来るのって、いつ以来かな。一年ぶりくらいかも」という、いつかのニーチャンの呟き。これを自分もいずれ発することになりそうです。

コメント