2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ-① いざ入場!編

販売休止ターフィー東京競馬場で観戦

東京競馬場に久しぶりに行ってきました。

約9ヶ月ぶりの入場…こんなに長い期間、ナマの蹄音を聞かなかったことは今までありません。

下記は、久々に競馬場に入った日記です。

日付

   ◆日付 … 2020年11月8日(日曜)

入場する際に必要なもの

コロナ前は、競馬場入口で回数券を渡して入場していました。

しかし、それはもはや昔の話。

今、入場する為には下記のものが必須です。

  ◆スマホ

  ◆身分証明書(免許証等)

これを忘れると、入場できません。(また、事前に指定席ネット予約も必要)

一度家に帰り、取ってくるしかありません。

おそろしいタイムロスです。

かつて私は、予想の集大成である競馬新聞(いろいろ書き込み済)を家に忘れたことがあります。

“せっかく食べた暗記パンを出しちゃった のび太”の気持ちでした。

(でも一生懸命予想した内容は意外と覚えていました。馬券の当たりハズレは別として…)

いまや、忘れ物が新聞くらいならまだマシです。

「アッ、スマホ忘れた!」

「アッ、免許忘れた!」

これを防ぐにはどうしたらいいのか?

対策は、

   ■スマホケースに免許を入れておく

   ■免許入れにスマホを入れておく

このへんでしょうか。

「アーッ、免許を入れたスマホケースを忘れた!!」

これを防ぐには…

   ■免許を入れたスマホケースを競馬用のカバンに入れておく

このあたりでしょうか。

「アッーー、免許を入れたスマホケースを入れたカバンを忘れた!!!」

これを防ぐには…。

……。

そんな忘れっぽい人は、「記憶のスポーツ」である競馬をやって、記憶力を高めたらいいんじゃないかナー(‘Д’)

いざ、入場!

…前置きが長くなりました。

東京競馬場の西門1F、指定席引換窓口に着いた私は、係の人に下記2点を提示しました。

  ◆スマホ「指定席ネット予約サイト」QRコード

  ◆免許

すると照合オッケーだったらしく、こんなもの をくれました。

                  ↓

入場グッズ

ご説明すると…

   ◆上の横長の紙 → 入場券

   ◆左下のわっか → リストバンド

   ◆右下の緑色  → 非接触キーホルダー

窓口で受け取った上記3点。

とりあえず必要なのは、「リストバンドを装着すること」です。

上の写真では既に丸まっていますが、窓口でもらった時は細長い状態。私は自力で装着しましたが、これが案外つけづらかった。

(よく見たら入口近くのテーブルにスタッフがいて、リストバンド装着のお手伝いをしてくれてたぽい。さすがJRA)

リストバンドをつけたら、いよいよ入場です。

先ほどもらった入場券とリストバンドを入口で見せ、検温してもらい、アルコール消毒液を手にシュッとして、はぁ、めでたく入場できました。

   ※あ、そうそう!マスクも忘れずに!

ようやく入場した私は…

「2020年秋、コロナ無観客後の東京競馬場へ-② 場内の変化にビックリ!編」に続きます(^-^)/

コメント