オーソリティ、アルゼンチン共和国杯優勝!

シルクシルクの馬のこと

オーソリティアルゼンチン共和国杯を勝ちました!

これで青葉賞→アルゼンチン共和国杯と、G2を二連勝です。

今年の青葉賞は、コントレイルが制したダービーよりも1秒以上速いタイムでした。

オーソリティは青葉賞の後に骨折が判明し、ダービーに駒を進めることはできませんでしたが、もし無事に出走していたら…とついタラレバを言いたくなってしまう。

それくらい、本日の復帰戦は鮮烈でした!

ちょっと余裕があるかな…と細江さんもパドック解説で言っていましたが、半年ぶりで馬体重はプラス12kg。

でも、二人曳きとはいえ特にチャカつきもせず淡々と歩いていました。返し馬もスムーズ。

レースでは軽ハンデ馬を先に行かせ、三番手追走。そのまま直線へ。

後続がドッと押し寄せてきた時は、ああ飲み込まれてしまうのかと思いましたが、いやいやなんの。

逆に差を広げる。

ルメール騎手がムチを入れると手前をかえて、さらに伸びる。

ラストドラフト以下を抑えて、1着ゴール。

ルメール騎手は先週のアーモンドアイに続き、またしてもシルクの勝負服で勝利ジョッキーインタビューです。

今週はどんな表情かな、まさかまた涙?とか思ったら。

超、笑顔(^ ^)

しめくくりは「おおきに!」でした。

超、ご機嫌(*^^*)

3歳でアルゼンチン共和国杯を勝った馬は、最近ではスワーヴリチャードがいます。

2017年、スワーヴリチャードはダービー2着の後アルゼンチン共和国杯に出走し、ソールインパクト以下を封じて優勝。

…って、おや?

当時の2着馬、ソールインパクト戸田厩舎

今年も3歳馬(オーソリティ)が優勝し、2着は戸田厩舎ラストドラフト)。

何でしょう、この符合は…。

「歴史が繰り返された」と言える、のかな。

それはともかくとして、スワーヴリチャードはアルゼンチンV後、有馬記念に出走し二番人気に支持されるも4着。(優勝はキタサンブラック)

しかし古馬になってから完全に本格化。大阪杯とジャパンカップという、2つのG1を制しました。

スワーヴリチャード同様、3歳でアルゼンチン共和国杯を制したオーソリティ。

次走こそ未定ですが、G1勝利は約束されたようなものではないでしょうか(^-^)

コメント