【シルク2022募集馬】ソーディヴァインの21。母と同じ西村厩舎!理想的なサイズの良駒

シルクカタログシルク募集馬の検討
スポンサーリンク

シルク2022募集馬。

今回は、募集№55・ソーディヴァインの21についてです(^-^)

ソーディヴァインに思いをはせる

ソーディヴァインの21、基本情報はこちら。

モーリス
ソーディヴァイン
性別
誕生日2021.3/8
所属栗東:西村真幸厩舎
馬体重430kg
管囲19.5cm
総額4,000万円

カタログが届く前から、この馬には注目していました!

というのも。

母ソーディヴァインにも出資していたから(^O^)/

2015年7月にデビューした、ソーディヴァイン。

新馬戦は3着でしたが、3戦目に勝ち上がり!

昇級初戦のなでしこ賞のパドックでは、西村先生が曳き手を持つ姿を見ることができました。

ソーディヴァイン
なでしこ賞。ソーディヴァインと西村先生

西村先生の開業は、2015年。

ソーディヴァインは開業年に登場した素質馬ということで、とても期待されていました(^-^)

――無事に引退、繁殖入りしたソーディヴァイン。

「産駒も西村先生が育ててくれるかナ?」

と思っていましたが。

初仔は、なんと!

関東の萩原厩舎でした(*´з`)

ソーディヴァインの初仔、レゾリュート

ソーディヴァインの初仔、レゾリュート。父はドレフォン

もちろん、シルク所属馬です。

現在2歳のレゾリュートは、ノーザンファーム空港で調整中。

本州への移動時期は9月~10月頃とのことです。

馬体重は…驚異の568kg! デカッ(^-^;

レゾリュートの馬格は、母譲り。

母ソーディヴァインは、4歳時に540kgで出走したことがあります。デカッ(@_@)

立派な馬体を誇る、ソーディヴァイン親子。

今年募集される2番仔も、さぞかしデカいのかな?と思いましたが…。

ちょうど良いサイズでした(^O^)/

母と同じ西村厩舎に!ソーディヴァインの21

今年の募集馬、ソーディヴァインの21の馬体重は、430kg。

カタログを見るとボリューム満点な感じなので、もっと大きい印象を受けます。

中身が充実している!ということでしょう。

母や兄はちょっとデカすぎな感もあるので、2番仔は理想的なサイズと言えます(^-^)

ソーディヴァイン21

そして。

ソーディヴァインの21の所属は、母と同じ!西村厩舎(^O^)/

母がデビューした2015年は、年間10勝だった西村先生ですが。

その後は順調に勝ち星を伸ばし、2020年には38勝を挙げ全国リーディング10位に躍進!

重賞制覇も果たしました。

実績を積んだ西村先生に育ててもらう、ソーディヴァインの21。

母を知っているからこそ口にできるコメントも、きっとあることでしょう!

今から楽しみです(*’▽’)

ソーディヴァイン21の印象

◆カタログを見た印象

ド派手な流星に目がいきますが、表情は精悍。涼しい目をしています。

母はダートで3勝を挙げましたが、本馬は芝でもやれそう。

◆動画を見た印象

モーリス産駒にしてはややカタい感じもしますが、そこは母方の血が濃いのかもしれません。

◆血統について

本馬の血統構成は、モーリス × キンシャサノキセキ

この配合には、どんな活躍馬がいるのかな?と思って調べたところ。

なんと!

7/23時点では、1頭もヒットしませんでした(^-^;

サンデーサイレンスのクロスが 4×4 になるから?でしょうか…。

――最後に。

馬体も良く、西村厩舎で、お値段も高すぎない。

そんなソーディヴァインの21は…。

超絶人気になるでしょう(‘Д’)

コメント