センテリュオ、オールカマー制覇!

キャロットクラブキャロットの馬のこと

本日の中山メイン、オールカマーをセンテリュオが勝利しました。

カレンブーケドールとの接戦をハナ差で制し、重賞初勝利。

これで芝2200メートルは [2.2.0.1] という成績です。

今年のエリザベス女王杯は、京都ではなく阪神で行われますが、距離は例年と同じ2200メートル。

キャロットの女傑マリアライトのように、“マーメイドS→オールカマー→エリザベス女王杯”という同じローテで戴冠なるでしょうか…期待は高まります。

ところでセンテュリオの母アドマイヤキラメキは、トーセンスターダムに続く重賞ウィナーを輩出したことになります。

アドマイヤキラメキ自身は、エンドスウィープ産駒ということもあってか、全4勝をダートで挙げています。(芝は一度だけ走って10着)

完全なダート馬だったアドマイヤキラメキですが、産駒のJRAでの勝ち星は面白いことに、全て「芝」。

  ・アグネスタキオンとの子 ラシンティランテ  芝3勝 (ダート出走なし)

  ・ディープインパクトとの子 トーセンスターダム  芝5勝 (ダート出走なし)

  ・ネオユニヴァースとの子 ネオスターダム  芝4勝 (ダート8戦0勝)

  ・ディープインパクトとの子 センテュリオ  芝5勝 (ダート出走なし)

                         ※2020 9/27現在の成績

センテュリオの弟トーセンアラン(父キズナ)は、セレクトセール2019で1億4040万円で取り引きされた馬。

9/26未勝利戦(芝)は9着とふるいませんでしたが、「JRAで」勝つとしたら、きっと、芝でしょう…

コメント