【シルク2021募集馬】ハービンジャー産駒をレビュー!

シルク2021シルク募集馬の検討

今回は、ハービンジャー産駒のレビューです(^O^)/

関東馬3頭、関西馬3歳。

計6頭です。

募集番号11 ツルマルワンピースの20

ツルマルワンピース
ハービンジャー
ツルマルワンピース 
性別
生年月日2020.3/15
一口出資額 140000円
厩舎大竹正博厩舎
体重504
管囲21.1

全兄にブラストワンピース

兄は募集価格2000万円でしたが、獲得賞金はもう6億円近い。

前走の鳴尾記念(3着)で復活の兆しを見せており、今後は種牡馬入りの夢もあります。

さて、全弟は7000万円での募集…納得の好馬体ですネ。

◆立ち姿の印象 … 500キロ近いけど、ギュッと中身が詰まっている印象。

◆動画を見た印象 … 黒いタテガミをなびかせ、悠々と歩く。ホレボレします。

募集番号12 シャクンタラーの20

シャクンタラー
ハービンジャー
シャクンタラー 
性別メス
生年月日2020.4/19
一口出資額 40000円
厩舎中川公成厩舎
体重473
管囲20.9

シャクンタラーは、デビュー戦の体重528kg

ラストランは、驚異の556kgでした。

半姉マニカルニカ(父エピファネイア)は、デビュー戦の体重472kg

全体に大きいサイズの血統と言えます。

本馬の体重は、現在473kg

腹袋もしっかりしているし、飼い葉食いに困ることはまずなさそう。

◆立ち姿の印象 … まだシルエットはゆるい感じですが、完成したら迫力ある馬体になるでしょう。

◆動画を見た印象 … 曳き手に従順で、とても素直な感じで歩いています。

募集番号13 ゼマティスの20

ゼマティス
ハービンジャー 
ゼマティス
性別メス
生年月日2020.5/1
一口出資額 32000円
厩舎武藤善則厩舎
体重379
管囲19.3

大きい一族(シャクンタラー)の次ページに、379kgの本馬が登場。

ちっちゃくてかわいい、とか思ってしまう。

きょうだいに目立った活躍馬はいませんが、ハービンジャーをつけるのは初めてなので。

ここで新味が出る…かも。

◆立ち姿の印象 … 確かに現状は小さいけれど、その分 機動性は高そう。

◆動画を見た印象 … なかなか眼光が鋭い。ときおりシッポを振るのは自己主張でしょうか。

募集番号47 アグレアーブルの20

アグレアーブル
ハービンジャー
アグレアーブル 
性別
生年月日2020.4/11
一口出資額 64000円
厩舎松下武士厩舎
体重414
管囲20.5

祖母プリティカリーナは、グッドルッキングな馬を多く輩出します。

アグレアーブルも、青鹿毛の筋肉質な馬体が印象的でした。

本馬はそのアグレアーブルの初仔。

まだ414kgですが、きっとボリューム満点の好馬体に成長することでしょう。

◆立ち姿の印象 … 流星が顔の中心にシュッと流れています。こういう流星は名馬に多い気がする。

◆動画を見た印象 … やや前さばきにクセがあります。

募集番号48 エルディアマンテの20

エルディアマンテ
ハービンジャー
エルディアマンテ 
性別メス
生年月日2020.2/7
一口出資額 40000円
厩舎渡辺薫彦厩舎
体重397
管囲19.5

エルディアマンテは、キャロット所属。

近年はキャロットで “母馬優先“アワブラ として募集されるのも狭き門なので、シルク募集という仔も当然出てきます。

逆のケースは滅多にない…はずが、今年のキャロット募集にはスーブレットの仔がエントリー。

たはは、シルクで募集してくれヨ(;’∀’)

――脱線はさておき。

エルディアマンテの初仔は、ハービンジャー × ディアデラノビア系。

なので、ドレッドノータスサンマルティンと似た血統構成です。

気性がカギの一族でもあるので、渡辺先生に優しく育ててもらいましょう。

◆立ち姿の印象 … 牝馬らしい、ふっくらしたボディライン。

◆動画を見た印象 … 重心移動が上手なのか、じつにスムーズな歩様です。

募集番号49 ディープストーリーの20

ディープストーリー
ハービンジャー
ディープストーリー 
性別メス
生年月日2020.4/16
一口出資額 36000円
厩舎斉藤崇史厩舎
体重372
管囲18.9

ハービンジャー × ディープインパクト

この配合は、今年の新馬戦を既に2勝しています。

1頭は、キャロットのアライバル。府中でメチャ強い勝ち方をしました。

もう1頭は、ミッキーブンブン。福島で圧倒的な勝ち方をしました。

本馬も ハービン × ディープ だし、クロノジェネシスの斉藤厩舎だし、興味津々の存在です。

◆立ち姿の印象 … 現在372kg。小柄なのは否めませんが、左後一白は推しポイント。

◆動画を見た印象 … シャキシャキ歩いて、回転の速いピッチ走法だろうと類推されます。

まとめ

ハービンジャー産駒の目玉は、やはりツルマルワンピースの20でしょうか。

“ブラストの下“ ということをヌキにしても、オーラのある好馬体はひときわ目をひきます。

実績ウン千万の世界かも…(;’∀’)

私はエルディアマンテの20が気になりました。

こちらはそこまで人気にならないでしょう!

…多分。

コメント