新馬戦開幕週、サンデーレーシング2勝!一方、キャロットとシルクは…

東京競馬場レースのこと
スポンサーリンク

ダービーが終わり、今週から新馬戦が始まりました(^O^)/

ダイヤモンドハンズと、ノッキングポイント

土日あわせて、新馬戦は5レース。

ぜんぶで5頭のニュースターが生まれたわけですが。

注目したいのは、土曜日の勝ち馬2頭。

東西ともに、ノーザンファーム生産のサンデーレーシングの馬が勝利を挙げました!

中京で勝ったダイヤモンドハンズは、新種牡馬サトノダイヤモンドの産駒。

幸先の良いスタートダッシュを決めました。

東京で勝ったノッキングポイントは、モーリスの産駒。

目を見張るような瞬発力を発揮し、素質をアピールしました。

どちらも強い勝ち方だったので、ちょっと気の早い人は、「来年のダービー馬候補だ!」と熱弁をふるっているかも(^^)

ダービー

スティルディマーレと、マローディープ

そして。

日曜日の牝馬限定の新馬戦を勝ったモリアーナは、個人の馬主さんの馬ですが、生産はノーザンファーム。

ということで。

この土日の新馬戦5レースのうち、ノーザンファーム生産馬が3勝を挙げたわけです(^-^)

さすがノーザン!という感じですが。

スティルディマーレマローディープに出資している方は、ちょっと違う感想を抱いているかも…。

――まず。

スティルディマーレは、キャロットの馬。

父ロードカナロア、母コケレール。生産はノーザンファーム。

国枝厩舎所属、募集総額は6,000万円。

6/5の新馬戦、横山武史騎手を背に4番人気で出走しました。

「キャロットの一番星になるんじゃネ?」みたいに思っていましたが。

結果は10着…。

レース後、キャロのコメントを見ると、国枝師もちょっとショックを受けていたみたいです。

次に。

マローディープは、シルクの馬。

父スクリーンヒーロー、母モルジアナ。生産はもちろんノーザンファーム。

木村厩舎所属、募集総額は4,000万円。

6/6の新馬戦、ルメール騎手を背に5番人気で出走しました。

「シルクの一番星になるんじゃネ?」みたいに思っていましたが。

結果は14着…。

キムテツ × ルメールの強力コンビでしたが、見せ場のないホロ苦デビューでした。

キャロもシルクも、掲示板にすら載らない大敗…。

2勝を挙げたサンデーレーシングと、明暗を分けるかたちとなりました(-_-;)

今週はサンデーレーシング祭り。来週は…?

サンデーレーシングは、土曜の鳴尾記念をワンツーフィニッシュ!

1着ヴェルトライゼンデ、2着ジェラルディーナ。

そして。

安田記念もワンツーフィニッシュ!

1着ソングライン、2着シュネルマイスター。

安田記念、シルクのサリオスは3着に来ましたが、ダイアトニックは14着。

キャロのレシステンシアは11着、カテドラルは残念ながらビリ…。

ということで。

今週は、サンデーレーシング祭りだったわけです!

――とはいえ。

キャロも、土曜日にブレッシングレインジレトールで2勝。

シルクだって、土日にサリエラピュアブレンドで2勝。

新馬戦とG1では主役になれなかっただけで、決して調子が悪いわけではありません。

さぁ!

来週のエプソムカップ、サンデーもシルクもいないので、キャロットの出番です!

頼んだよ、ザダル(^O^)/

コメント