ダービーが 終わった後の 虚脱感

ダービー門レースのこと
スポンサーリンク

ダービーが終わってしまいました…( ;∀;)

ダービーが 終わった後の 虚脱感

ドウデュースの末脚は見事だったし、タイムもレースレコード。

勝利ジョッキーインタビューでは、武騎手が凱旋門賞参戦を明言してくれましたね。

いやー、良いレースでした!

良いレースだった、けど。

ダービーが終わると、なんだかボーッとしてしまいます…。

祭りの後の虚脱感、て感じ。

この虚脱感は何なのか?

今回は、その分析をしたいと思います(´ー`)

ダービーの 馬券は点数 増えちゃうよ

まず。

私は、ダービーで大儲けすることはできませんでした。

かろうじてドウデュースの単勝をごく少額買っていたので、“全ハズレ” という最悪の事態は避けることができたのですが。

プラス収支にもっていくことは全然できず…。

「今年のダービーは、ドウデュースの単勝一点!」

みたいに潔い馬券の買い方をしていたら、じつに清々しく、とても気持ちの良いダービーになったことでしょう。

レース後に虚脱感を抱くことなどない!と思います。

――しかし。

「ダノンベルーガも怖いし、イクイノックスも勝機十分。マテンロウ2騎も買いたいし…」

みたいな迷いだらけの買い方をしてしまった私。

当然、直線に向いても視線はアチコチさまよいます。

結果的にドウデュースが勝ってくれたから、単勝420円の配当はゲットできたものの。

「何点か買ったうちの一点」がかろうじて当たった…という感じは否めません。

全ハズレを恐れるあまり、バラバラと手を広げた馬券を買って、なんとか的中するも、なんだかモヤモヤ。

そんな人は、私だけじゃないはず!

…たぶん(*´з`)

抽優馬 イクイノックス バツくらう

ドウデュースにクビ差届かなかった、2着馬イクイノックス。

シルクの馬です。

シルクロゴマークステッカー

当サイトで何度も触れていますが、私は2020年募集の抽優馬でイクイノックスを指名するも、バツをくらって出資できませんでした。

もし出資できていたら…。

そりゃ負けたのは悔しいだろうけれど、2着賞金だって8,000万円です。

「秋こそ頂点に立つぞ!」

と前を向ける…はず。

出資を希望するも叶わなかった馬が、東京優駿で2着…。

正直、なんだかモヤモヤです(‘◇’)ゞ

ダービーを 無音のスマホで 見ちゃぁダメ

そして。

今年のダービー、私は現地で観戦することもできませんでした。

さらには。

テレビでのリアルタイム観戦もしませんでした…。

16時頃にJRAのサイトにアクセスし、スマホのちっこい画面で、音量ナシでレース映像を見たのですが。

「この白っぽい服はキーファーズ?二番手の青っぽいのはシルク?」

そんな感じでゴォールイン!

…頂上決戦を見るにふさわしいシチュエーションでは、全然なかった(-_-;)

画面がちっこいのは百歩ゆずるとして。

音量ナシは、さすがにまずかったです(>_<)

せめて実況が聞こえていれば、もうちょい臨場感があったのは間違いありません。

自ら虚脱感を高めるようなレース観戦方法をチョイスした感じが、します(‘Д’)

来年は 愛馬がダービー 出てほしい

――というわけで。

モヤモヤや虚脱感とは無縁の、理想的なダービー観戦方法はこちらになります↓

出資馬ゲートインさせ、現地観戦し、単勝1点という潔い馬券を買う!

…。

……。

「出資馬が出走」というのが、最もハードル高いのは間違いありませんね_(._.)_

コメント