【馬名について】ファイナルワンダー

馬名についてその他の馬名
スポンサーリンク

今週デビューする新馬の名前についてです(^O^)/

あの名馬のラストクロップ

ファイナルワンダー

父:グラスワンダー  母:サトノフェアリー

性別:牡

馬主:(有)ビッグレッドファーム

出走レース:2022年12月24日(土曜日) 中山5レース

ファイナルワンダー。

どんな意味でしょうか?

同じような響きの名前の馬に、ファイナルアンサーがいました。

キャロットの3歳牝馬。

彼女の馬名意味は「母名より連想。みんなの期待に応えるという意味も込めて」というものでしたが、残念ながら未勝利引退。

みんなの期待に応えて勝つ、というのは難しい(:_;)

――さて、話をファイナルワンダーに戻しますと。

名前に「ワンダー」とつくからには、アノ馬の産駒に違いない!

ということで。

さっそく馬名意味を見てみましょう(^-^)

ファイナルワンダー

◆馬名意味:最後の+父名の一部。最後のグラスワンダー産駒であることから

やっぱり、グラスワンダーの子どもでした!

しかし。

最後のグラスワンダー産駒、だったとは…(@_@)

正真正銘、ファイナルな産駒

スクリーンヒーローアーネストリーシルクネクサスなどの活躍馬を輩出したグラスワンダー。

グラスアーネスト
グラスワンダー VS アーネストリー。

そんな彼の種牡馬情報を、JBISで見てみると…。

最初の種付年度2001年は、189頭に種付けして149頭が生まれました。

その10年後。2011年は、90頭に種付けして68頭が生まれました。

そして、種牡馬最後の年。2020年。

1頭に種付けして、生まれたのがファイナルワンダー!

よくぞ誕生してくれた!という気持ちです(*^^)v

最後の年に10頭くらい生まれた場合は、誕生日が同じだったりすると

「どの仔がほんとの最後の産駒?」

となりそうですが。

ファイナルワンダーは正真正銘、最後の産駒。

2020年に生まれた、ただ1頭のグラスワンダー産駒(^-^)

ぼくじょう

がんばれファイナルワンダー

そんな彼が、有馬記念の週にデビュー!

しかも、舞台は中山!

ワクワクしてしまう(^^♪

ファイナルワンダーの父、グラスワンダーは有馬を二連覇していますが。

ともに走った馬の名前を、あらためて見てみると…。

1998年:メジロブライト、ステイゴールド、セイウンスカイ、エアグルーヴ、キングヘイロー

1999年:スペシャルウィーク、テイエムオペラオー、ナリタトップロード

そうそうたるメンバーです!

と同時に。

…ほとんどウマ娘になっていますネ。

※もちろん、グラスワンダーもウマ娘に(*´з`)

グランプリ三連覇の名馬、グラスワンダー。

その最後の産駒、ファイナルワンダー。

期待せずにはいられません!

みんなの期待に応えて勝つところを、ゼヒ見たい(^O^)/

コメント