【凱旋門賞】フジテレビに岡部さんが出演。世俗を超越したような お姿

レースレースのこと
スポンサーリンク

第100回 凱旋門賞が終了しました…。

終わっちゃった、と言ってもよい(~_~)

トルカータータッソ激走

日本馬は勝てず、武騎手も勝てず。

ディープ産駒もダメだった(;O;)

人気薄の伏兵が優勝して、単勝万馬券。

1着、トルカータータッソ。

タルナワハリケーンレーンとの叩き合いは凄い迫力でしたが、トルカーターって…。

誰?って感じ。

まったくノーマークでした。

でも、人気馬を競り落としたのは事実。

今後は、第100代 凱旋門賞馬として戦っていくわけです。

ジャパンカップに来たりして。

トルカータータッソの鞍上は、ピーヒュレク。

これまた、誰?って感じ。

どんな人かゼンゼン知らない。

でも、人気薄を覆す渾身の騎乗。

いずれ日本に来たりして。

「史上最高のメンバーがそろった、今年の凱旋門賞」

という言葉を中継でも耳にしましたが。

単勝11050円という爆穴が炸裂して、幕を閉じました(‘◇’)ゞ

岡部さん出演

その凱旋門賞。

私は8チャンネルで観戦しました。

フジテレビ系列26局ネット 「Mr.サンデー×S-PARK 超合体SP」です。

凱旋門賞ということで、競馬に詳しいゲストの方が登場。

超有名な アノ方でした!

しかし。

一瞬、「コレ誰?」と思ってしまった。

世俗を超越したような雰囲気…。

以前にも増して潔い坊主頭…。

ゲストとして登場した方。

それは…。

岡部幸雄氏でした

引退後の岡部さんも、テレビで何度か目にはしているけれど。

今回の彼は、なんというか…。

禅僧のような印象でした。

番組では “岡部幸雄 元騎手” と紹介されていたけれど。

失礼ながら、私的には “元 岡部幸雄騎手“ て感じでした。

現役時代の “オカベ“ でもない、引退後の “岡部さん“ でもない…新たな岡部氏の姿をそこに見る思いでした。

↑あくまで、個人的な感想です_(._.)_

第101回 凱旋門賞の展望

好き勝手なことを書いてしまいましたが。

日本馬の悲願がまたしても達成できなかったので、捨て鉢な気持ちを拭い去れません。

あのクロノジェネシスでも通用しなかった…。

来年、第101回 凱旋門賞に、日本馬の姿はあるのでしょうか。

――けれど。

ひとつ、確信を持って言えることがあります。

それは…。

武豊騎手の姿がパリロンシャンにあるのはまず間違いない!(^O^)/

今年はブルームで11着でしたが、敗戦をひきずることもなく。

「来年も絶対に乗りたい」

と前向きな発信をしています。

トップジョッキーの、チャレンジする気持ち。

ホント、勇気をもらえます!

…そういえば、8チャンの番組内で。

岡部氏が、武騎手について

「もう若くはないから、早いとこ勝ちたいでしょうネ」

みたいな発言をしていたっけ…(@_@)

コメント