ヴァランシエンヌに追い風?ドレフォン産駒ジオグリフが1800で勝利。

シルクシルクの馬のこと

シルクの2歳牝馬、ヴァランシエンヌ

来週(7/4)デビュー予定の、ドレフォン産駒です。

彼女は今年の4月に脱北し、西村厩舎へ入厩。

4月のうちにゲート試験を合格し、NFしがらきに放牧へ。

6月上旬には、「7月のデビューを検討」という嬉しいコメントが出ました。

そして。

6/11に具体的な日程が出たのですが…これを見てびっくり。

「7月4日、福島芝1800メートルでデビュー予定」

思わず、二度見してしまった。

「ふ、ふくしま?」

「せ、せんはち??」

そ、そう来たか…(◎_◎;)

ヴァランシエンヌのデビュー戦

二度見した理由は二つありまして。

ヴァランシエンヌは関西馬

ドレフォン産駒なのに短距離デビューじゃない

まず、について。

ヴァランシエンヌは、栗東の西村厩舎に所属。

あえて福島に殴り込みをかけるとは思いませんでした。

そして、について。

ドレフォン自身は、バリバリのスプリンターでした。

「産駒もどちらかというと短距離寄りかな」というイメージだったので、1800メートルでデビューとは思いませんでした。

まぁでも!

プロが選んだ条件なのだから、きっと適鞍なのでしょう。

そう思い、来週(7/4)を楽しみにしていたところ。

本日、ヴァランシエンヌを後押し?するレースがありました。

東京5レース、新馬戦です!

ドレフォン産駒の芝適正

芝1800メートルの新馬戦。

1番人気は、ディープインパクト産駒のアスクビクターモア

セレクトセールで1億8700万円のお値段のついた馬です。

2番人気は、ドゥラメンテ産駒のカメハメハタイム

こちらはセレクトセールで8360万円でした。

そして3番人気が、ドレフォン産駒のジオグリフ

ルメール騎手を乗せても3番人気というあたり、父馬が不安視されたのかも?

ドレフォン産駒の距離1800メートル…前例はありません。

でも!

スローの瞬発力勝負を制したのが、ドレフォンっ子のジオグリフでした(^^)v

33.3秒という、最速の上がりで勝利!

これは種牡馬ドレフォンの可能性をグッと広げる、大きな勝ち星です!

東京の芝中距離でこういうレースができる…来月行われるセレクトセールに向けて、素晴らしいアピールになりました。

そして。

ヴァランシエンヌの出資者(私)も、安心しました。

ジオグリフみたいな勝ち方をしてくれたらいいナ(^-^)

コメント