新種牡馬キタサンブラックについて-② 「感動のウイニングライブ」編

キタサンレースのこと

【新種牡馬キタサンブラックについて-① 「初めてキタサンを見た日」編】からの続きです(^^)

2015年、菊花賞

キタサンブラックを初めて見たのは、2015年2月22日でした。

                ※ ↑ 東京の500万クラス、1着

では、2回目に見たのはいつかというと…。

忘れもしない。

2015年10月25日。

菊花賞の日です。

その日、私は京都競馬場にいました。

リアファルが勝つ!」と信じての遠征です(^O^)/

リアファルは、キャロットの馬。

名繁殖牝馬クリソプレーズの4番仔で、「ゼンノロブロイの最高傑作になる!」と思っていました。

リアファル。

最初の頃はダート戦を走っていましたが、初芝のマレーシアCで圧勝。

続く神戸新聞杯も、リアルスティールを2馬身突き放して逃げ切り勝ち。

菊花賞制覇がいよいよ現実味を帯びてきた。

「これはもう、現地で観戦しないと!!」

そう思い、京都へ行ったのでした(^-^)

いい天気。まつり日和。

菊花賞。

リアファルは、栄えある1番人気に支持されました。

2番人気は、末脚鋭いリアルスティール

3番人気は、ダービー2着が光るサトノラーゼン

キタサンブラックは、5番人気。

低評価と言ってもよいでしょう。

キタサンの血統、“母父サクラバクシンオー“ が最も不安視されたのがこの頃だったですかね。

めったに行かない京都競馬場。なので。

遠くから & 逆光 という、こんな写真しか残っていません。

雲一つない晴天でした。

菊花賞キタサン

ホントに、良い天気でした!

「まつり」日和びよりにふさわしい…って、パドックを見ている時は全くそんなことは思わなかったけど(*_*)

リアファルはときおりチャカつくものの、許容範囲かと思われました。

「スムーズなレースなら、菊花賞馬になれる!」と信じていました。

菊花賞、終了。

――レースは、スムーズじゃなかった(;_:)

先行していたリアファルは、向こう正面で後続にドッと押し寄せられ、厳しい流れに…。

直線でなんとか脚を繰り出すも、3着がせいいっぱいでした。

2着はリアルスティール。

後ろでじっとしていたのが正解でした。

そして1着が、キタサンブラック。

激流に巻き込まれず、自分のペースを守った北村宏司騎手の手綱も冴えていました。

というわけで。

菊花賞は終わってしまった。

伝説のウイニングライブ

さぁ!

レースの後はウイニングライブ!

…というのは “ウマ娘“ ですが。

この日、現実の世界でもウイニングライブが行われたのです!

キタサンブラックのオーナー、サブちゃんこと北島三郎による「まつり」熱唱!!

キタサン

♪まーつりだ、まつりだ、まつりだ、キタサンまーつーりぃ~

♪これが競馬の、まつりぃーだよぉ~

…期待のリアファルが負けて、私はボーゼンとしていたんですが。

あまりに嬉しそうなサブちゃんの笑顔 & 歌に、いつのまにか手拍子をしていました。

そして最後には、パチパチと拍手までしていました。。。

いやー、今改めてふりかえってみると。

貴重な経験をしたものです。

ウイニングライブをナマで見たのですから!

「サブちゃんのライブを見た」と考えれば、京都への遠征費 & 馬券出費 も安い安い(;O;)

キタサンブラックは実力も当然ありましたが、オーナーの人格も含めて、みんなから一目置かれていたように思います。

「そして、みんなの愛馬になった」

ヒーロー列伝のキャッチコピーが全てを表しています(^O^)/

――というわけで。

現役時代のキタサンブラックの思い出でした。

次回はいよいよ、種牡馬としてのキタサンブラックについて。

【新種牡馬キタサンブラック-③ 「デビューが待ち遠しい」編】に続きます(^O^)/

コメント