【馬名について】 シルク2歳馬。カルトゥーシュ

馬名についてシルクの馬名

シルク出資馬の名前についてです!

今回は この馬!

カルトゥーシュ

父:トーセンラー  母:バシマー

性別:牡

カルトゥーシュ。

さて、どういう意味でしょうか?

「歯や骨格の素晴らしい馬になることを願って」

…これだと カルシューム (*’▽’)

――ええと。カルトゥーシュとはどういう意味なのか。

馬名意味を見てみましょう。

馬名意味:古代エジプト建築でファラオの名前を囲む曲線。父名より連想

とのことです(^^)

カルトゥーシュとは

カルトゥーシュの父は、トーセンラー

エジプトの太陽神である “ラー” からの連想ということですね。

しかし、「ファラオの名前を囲む曲線」とは?

すぐにはイメージが浮かびません。

ちょっと調べてみたら、“王や妃の名前(文字)を囲む、枠“ みたいです。

 ЪλΦζцБ 
※↑文字はテキトーです_(._.)_

文字のまわりの “枠”

“輪郭” といってもいい。

これがカルトゥーシュ。だそうです。

どんな名画も、ペラッと紙だけの状態では心もとない。

立派な額縁に入ってこそ、芸術作品として皆に鑑賞されるようになります。

カルトゥーシュの働きもそんな感じ。

王や妃の名前をより偉大に見せるよう、文字を囲むカルトゥーシュが効果を発揮しているわけです。

さて、競走馬のカルトゥーシュに期待したいこと。

もちろん、ダービーとか勝ってほしいですが。

この馬名意味を踏まえて込める願いは…

父トーセンラーの名声を高めること!

現在トーセンラーの代表産駒は、キャロットザダル

あとはアイラブテーラーあたりでしょうか。

重賞ウィナーは、まだ出ていません。

カルトゥーシュにはゼヒ重賞を勝ってもらい、父の名を上げてもらいたい。

トーセンラーの名声を高めるよう、カルトゥーシュが親孝行(重賞制覇)してほしい(^-^)

京都で見たいトーセンラー産駒

さて。

トーセンラーは、京都を得意としていました。

というか、マイルチャンピオンシップVを含む全4勝は、京都競馬場で挙げたもの。

アイラブテーラーも京都は [3.1.0.0] と大得意。

カルトゥーシュも京都で頑張れ(^O^)/

――と言いたいところだけど。

京都は、ええと?いつまで工事だっけ?

ナニ?2023年3月まで??(@_@)

カルトゥーシュが京都で走るのは、彼が4歳になってからですか…。

その頃、私は何歳になっているのだろう…今より年をとるのは間違いない(当たり前)。

小松菜や牛乳・豆腐など、カルシュームの多いものを摂取して健康を保ち、2023年を待ちます(^.^)

コメント