2月は別れの季節。蛯名騎手、角居調教師、そして…

京都騎手・調教師

2月は別れの季節です。

競馬界では、騎手・調教師の引退日は 2月末日。

この土日の競馬中継を見ていても、

「鞍上は、今月で引退する〇〇騎手」

「管理する●●調教師は、今月で引退」

といったアナウンスが何度かありました。

引退される方の中でも、蛯名騎手・角居調教師の存在はとくに大きい(~_~)

蛯名騎手

蛯名騎手は、引退式が実施されます。

2月28日、中山競馬場にて行われます。無観客なのは寂しい…。

蛯名騎手の最後のG1勝利は、2016年皐月賞。

ディーマジェスティです。

リオンディーズらを豪快に差し切って優勝…あの衝撃は相当でした。

エルコンドルパサーとのコンビも忘れ難い。

エルコンの孫にあたるマリアライトとのコンビも輝いていた。

蛯名騎手。

騎手を引退しても、マリアライトの子オーソクレースの活躍を見守って下さい_(._.)_

角居師

角居調教師は、引退式が実施…されないみたい。

角居師の最後のG1勝利は、2019年皐月賞。

サートゥルナーリアです。

4戦4勝で皐月賞制覇…あの衝撃も相当でした。

シーザリオエピファネイアリオンディーズも、みんな角居厩舎。

そんな中。

リオンディーズ産駒のピンクカメハメハがサウジダービーを制覇、という嬉しいニュースが!

角居先生。

調教師を引退しても、リオンディーズを始め、みんなの活躍を見守って下さい_(._.)_

突然の別れも…

蛯名騎手。2月いっぱいで騎手を引退するけど、3月から調教師として新たなスタート。

角居調教師。2月いっぱいで調教師を引退するけど、次のステージで活躍。

しかし。

新たなスタートでもなく、次のステージでもない――。

そんな突然の別れが、本日ありました。

阪神6レース。

カスティーリャは、11頭立ての11着入線…勝ち馬から10秒近く離されてのゴール。

どう見ても、普通じゃない負け方でした。

何かあったに違いない…嫌な予感しかありません。

午後、キャロットのホームページを開く。

ああ…目にとびこむ「引退」の2文字。

まだまだこれからの若駒なのに、天に召されてしまうなんて――。

まだまだこれからの活躍を期待していたのに。

まさかこんな別れがくるなんて…。

カスティーリャ。

闘争心あふれる、明るい栗毛の駿馬でした(;_;)

コメント