ハーツクライとファイナルなんとか

キャロットクラブキャロット募集馬の検討

2020キャロット1歳募集馬、ハーツクライ牝馬は下記の2頭のみ。

◆募集番号4 ファイナルディシジョンの19

◆募集番号51 ファイナルスコアの19

「ハーツクライ牝馬が欲しい!」という人は、どっちの「ファイナル」にしようか迷うことでしょう。

それにしても、「父ハーツクライ・母ファイナルなんとか」というのは流行っているんでしょうか。ちょっと調べてみました。

その結果。

特に流行っているわけではない、ということがわかりました。

「父ハーツクライ・母ファイナルなんとか」という馬は、今年のキャロ2頭以外ではトーセンケイトゥーだけでした。

トーセンケイトゥーは、2008年生まれ。父ハーツクライ、母ファイナルデスティネーションという血統のセン馬。通算成績31戦3勝でした。

結果的に3勝とはいえ、新馬戦を勝った後に東京スポーツ杯2歳Sへ駒を進めたくらい(7着)ですから、クラシックへの夢を見ることはできたと言えます。

母方の血統を見ると、Norhern Dancerが入っています。今年のファイナル2頭を見ると、「ファイナルディシジョンの19」の母方にNorthern Dancerあり。

今年のファイナル2頭、毛色は同じ栗毛。

厩舎は、手塚師も松永幹師もG1馬を輩出する名門。

お値段にはだいぶ差がつけられています。

見学ツアーがあれば何かしら決め手を得られるんでしょうけど、今年はツアー中止なのでそういうわけにもいかない。

締め切りは9月9日(水)17:00。

迷う人はぎりぎりまで迷うんでしょうね。

「ああー!どっちのファイナルにしよう…ディシジョンか、スコアか。スコアか、ディシジョンか」

締め切り間際には、きっとこうなります。

「よし!決めた!」

ファイナルアンサーは、ファイナル■■■■だ!!

※資金に余裕があれば、両方ポチることをおすすめします(-ω-)/

コメント