ノースブリッジ、葉牡丹賞V!モーリス産駒の傾向が見えてきた

モーリス2馬券作戦

2020年12月5日、中山芝2000メートル、葉牡丹賞

モーリス産駒が5頭も出走しました。

掲示板独占のモーリス祭りか?と期待が高まりました。

期待のモーリス祭り

葉牡丹賞出走のモーリス産駒を、人気順に記載すると…

1番人気 カランドゥーラ

2番人気 エスコバル

4番人気 ルドヴィクス

5番人気 ノースブリッジ

8番人気 アドマイヤハレー

土曜日の午前中はテンカハル(父キングカメハメハ)が人気でしたが、最終的に1番人気・2番人気ともにモーリス産駒。

結果は…

見事、モーリス産駒が優勝(^-^)!!

葉牡丹賞勝ち馬 ノースブリッジ

あまり人気のなかったノースブリッジが、後続に影をも踏ませぬ逃げ切り勝ち。

2着に4馬身差もつけました。勝ちタイムは2:02:2。

ちなみにこのレースの上がり最速は、勝ったノースブリッジでした。

逃げ馬に最速の上がりを叩き出されては、後ろの馬にはなすすべもないですね。

※他のモーリス産駒の成績は…4着アドマイヤハレー、5着カランドゥーラ、8着ルドヴィクス、10着エスコバル。

ノースブリッジは前走の新馬戦でも、上がり最速で逃げ切り勝ちをおさめています。

2020年9月27日、中京芝2000メートル。

3番人気で逃げ切りV。勝ちタイムは2:02:6。

この新馬戦も「モーリス祭り」になりそうな雰囲気のレースでした。

ノースブリッジ以外に2頭のモーリス産駒がいたのです。

1番人気ルペルカーリアと、6番人気ショウナンガルーダ

ルペルカーリアはシーザリオの子ということで、モーリス産駒の大将格ともくされていました(結果は4着…)。

ノースブリッジは葉牡丹賞の勝利により、2戦2勝となりました。

新馬戦・葉牡丹賞を振り返ってみると、おぼろげながら二つのことが見えてきます。

ノースブリッジから見えてくること -①

葉牡丹賞は、

「モーリス産駒はこう乗れ!」

という一つの見本かもしれません。

「ためてもあまり切れないから、先行力を生かす」

これもリッパな戦術です。

芝の状態が良い開幕週のレースや、ディープやハーツの差し馬が人気になっているレースでは、積極的にモーリス産駒を狙いたいと思います。

ノースブリッジから見えてくること -②

ノースブリッジには、

「俺こそが、父モーリスの後継者だ!」

という自負があるのかもしれません。

モーリス産駒が複数いるレースで「俺についてこい!」といわんばかりの逃げ切り勝ち。

新馬戦では…

「なに?1番人気はルペルカーリアだとぉ? あぁ、募集価格1億2000万円の奴か。やっつけてやろうじゃん」

葉牡丹賞では…

「なに?1番人気はカランドゥーラだとぉ? あぁ、未勝利の身でコスモス賞2着した奴か。たたきのめしてやろうじゃん」

――上記セリフはあくまで推測です_(._.)_

今後も、モーリス産駒が複数出走するレースにノースブリッジの名前があったら、真っ先に買いたい。

…などと馬券作戦について書いたら、ノースブリッジに笑われるかも。

「なに?俺が“父モーリスの後継者“だと? あぁ、そう思ってもらって結構。 というか、2018年生まれのサラブレッドの頂点が俺だから」

それくらいプライドが高い方が、応援したくなります(^O^)/

コメント