アライバルに追い風? ファルコンSはプルパレイが勝利!

キャロット2021キャロットの馬のこと
スポンサーリンク

3/19(土)に中京で行われた、ファルコンS。

レースを見て思ったのは…。

「アライバルはやっぱり強い!」ということ(^-^)

ファルコンS1着馬、プルパレイ

ファルコンSを勝ったのは、プルパレイ。

デビューから数戦は先行力を武器に戦っていましたが、前走のクロッカスSから脚質転換に成功。

鋭い末脚を発揮し、重賞初制覇を果たしました。

そんなプルパレイ、新馬戦は2着。

そのレースを勝ったのが…。

そう!アライバルです!

2021年6月19日、メイクデビュー東京。

軽快に先行したプルパレイを、直線で豪快に差し切ったアライバル。

「こりゃ強い!」

と喜んだものでした(^-^)

アライバル新馬
アライバルの新馬戦パドック。

ファルコンS3着馬、オタルエバー

ファルコンSの3着は、オタルエバー。

この馬もプルパレイ同様、デビュー当初はスピードを生かして前々で競馬していましたが。

今回は一転して後方からの競馬、よく追い込んでの3着でした。

そんなオタルエバー、新潟2歳Sは3着。

そのレースで2着だったのが…。

そう!アライバルです!

2021年8月29日、新潟2歳S。

マイペースで逃げるオタルエバーを、直線で豪快に差し切ったアライバル。

…彼の前には、勝ち馬セリフォスがいたわけですが、

「アライバル、重賞制覇も間近!」

と思ったものでした(^.^)

対戦成績だけが競馬じゃない、けれど

――というわけで。

ファルコンSの1着馬(プルパレイ)と3着馬(オタルエバー)の成績から、アライバルへの期待を高めているわけですが。

なんと。

ファルコンSの2着馬、タイセイディバインにも先着したことがありました(^^♪

2022年1月16日、京成杯。

タイセイディバインは10番人気で出走し、10着

アライバルはこのレースで4着だったわけで、大きく先着しました。

※1番人気で4着、というのは残念無念でしたが…(-_-;)

つまり。

アライバルは、ファルコンSで馬券になった全ての馬に先着した経験があるわけです!

アライバルの進路を決める、スプリングS

…と書いたけれど。

ファルコンSは、中京芝1400m。

アライバルが3/20(日)に出走するスプリングSは、中山芝1800m。

だいぶ条件が異なります(^-^;

アライバルが負かしたことのある馬たちが、スピード勝負のファルコンSで上位に来たということは。

アライバル自身も、同じようにスピード勝負のレースの方が向いている…。

そんな可能性もあります。

なので。

スプリングSを好内容で快勝すれば、当然クラシックロードのド真ん中を進むでしょうけれど。

万が一、ビミョーな内容の競馬になった場合…。

アライバルの進路は、マイル路線になるかもしれません(´ー`)

――いや!

ビミョーな内容の競馬になんかならないはず!

京成杯4着は「太目」「展開」などいろいろな敗因があったわけで。

「新馬戦以来の勝ち星が、重賞初勝利!」

…となることを信じて、レースの時間を待ちます(^O^)/

馬券勝負する前に…馬体重は要チェックですネ(*´з`)

コメント