ノーザンホースパークマラソン2023。北海道で走りたい!ソダシの白い恋人も欲しい!

ノーザンホースパークマラソンマラソン
スポンサーリンク

ノーザンホースパークマラソン2023。

今年の開催日は、5月14日(日曜日)です(^O^)/

北海道の大地を走りたい

私は昨年、ハーフマラソンの部に出場。

北海道の大地を走るのは2019年以来で、テンションも上がりました!

※昨年の様子は、過去の記事を参照ください_(._.)_

【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-① 景品馬と、吉田勝己氏の雄姿

【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-② ハーフマラソンを走ってきた

【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-③ 温泉、ビュッフェ、抽選会!

ノーザンホースパークマラソン
ノーザンホースパークマラソン2022。

「ONLINEマラソンもいいけれど。やっぱり北海道サイコー!」

現地で走れる喜びをかみしめながら走ったのでした(^-^)

――そう思ったのには、わけがありまして。

おととし(2021年)は北海道でのマラソンはなく、ONLINEのみの開催。

遠くに馬が見える北の大地ではなく、近所に犬小屋があるそこらの道をたんたんと走りました。

ONLINEマラソンに参加するのは初めてだったので、物珍しさはありましたが。

「マラソン大会をやっている!」

という感覚は…私の場合、どうしても希薄でした。

見知らぬコースではなく馴染みの道だし、競走ではなく1人で走るし、普段の練習とあまり変わらなかった(^-^;

ONLINE開催のみの2021年を経験したから、現地で走れた2022年はより楽しめた印象もあります!

例えるなら。

無観客で競馬場に入れなかった後、久々に現地でレースを見てライブの良さを実感!みたいな(^-^)

馬車うま
昨年のマラソンのワンシーン。

今年開催される、ノーザンホースパークマラソン2023。

北海道を走るマラソンと、ONLINEマラソンの両方がありますが。

私の選択は当然! 現地でのマラソン一択いったく(^O^)/

ONLINEマラソンの参加賞は…なんと!

いやー、5月のレース当日が今から楽しみ!

そう思っていたところ。

キャロットの会報誌『ECLIPSE』1月号が届きました。

同封されていたのは、マラソンのチラシ。

ノーザンホースパークマラソン
エクリプスと、マラソンのチラシ。

マラソンの公式サイトは既にチェックしていたので、同じ内容だと思うけれど。

せっかくなので目を通してみました。

そしたら。

驚きの事実が!

なんと。

ONLINEマラソンの参加賞は、「白い恋人・ソダシバージョン」だというのです(@_@)

ノーザンホースパークマラソン
ソダシの白い恋人…だと?!

ゼヒとも欲しい、「白い恋人・ソダシバージョン」

ONLINEマラソンに参加する気はありませんでしたが。

これはゲットしたい!

2022年9月、白い恋人パークで限定発売されて話題になった “ソダシ缶”。

大変な争奪戦だったと記事で読みました。

その時は白い恋人36枚入りでしたが、今回の参加賞は「手のひらサイズ」で3枚入り。

これもコンパクトでかわいい(^^♪

「もしかして、既に売ってたりしないかな?」

そう思い、白い恋人を手掛ける石屋商事のサイトで検索してみましたが。

「ソダシの検索に一致する商品はありませんでした。」

とのこと。

やっぱり非売品だ…(;’∀’)

北海道を走るマラソンの参加賞は、「アシックス 大会オリジナルTシャツ」とのことで、こちらも非売品だろうけど。

ONLINEの参加賞、ちょっと良すぎじゃないですか?

「私の選択は当然! 現地でのマラソン一択いったく」とか宣言しましたが。

…ちょっと心が動いています(´ー`)

コメント