【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-② ハーフマラソンを走ってきた

ノーザンホースパークマラソンスタートマラソン
スポンサーリンク

5月15日(日曜日)に行われた、ノーザンホースパークマラソン2022。

今回は、ハーフマラソンのレースについて書きたいと思います(^O^)/

ハーフマラソンへの意気込み

私が今回参加したのは、ハーフマラソン。

onlineのマラソンではなく、実際に北海道を走るレースです。

中止だった2020年、onlineのみの開催だった2021年を経て…。

3年ぶりに、北海道の大地を走ることができるわけです(^^♪

私が前回北海道で走ったのは、2019年。

この時もハーフに出場したのですが、自分の限界に挑むくらいの覚悟で臨みました。

ノーザンホースパークマラソン
2019年のレース時。

その結果、1時間30分を切るタイムでゴールイン。

我ながら「よくやった!」と思ったものです(^-^)

あれから3年…。

コロナ禍でどうしても練習量が減ってしまったし、「前回以上の記録を狙うゾ!」というモチベーションは…正直ありません。

前回はタイムを追求するあまり、牧場風景の美しさを堪能しなかった感じもするので、

「今年はレースを楽しもう!」

というテーマで臨みました。 ← なんか言い訳っぽいですネ_(._.)_

ピカチュウにゴールドシップ、スタート地点にて

――さて!

ハーフマラソンのスタート時刻は、11:00。

出走20分前にはスタート地点に並ぶことになっていたので、私も着替えてイソイソと向かいます。

気温は16℃くらい、天候は晴れ。

長袖のランニングシャツとズボン。帽子・手袋・マスクという装備で参戦(‘ω’)ノ

右ポケットにはスマホ、左ポケットにはエナジーゼリー。

他のランナーは、半袖シャツと短パンという方が多かったけれど。

ピカチュウの格好の方や、キャロット勝負服やシルク勝負服もいて、じつに色とりどり!

さすがノーザンのマラソン(^O^)/

そういや、ゴールドシップもいましたネ。

ウマ娘のコスプレ、かなりのクオリティでしたぁ(*´з`)

※ちなみに、男性によるコスプレだった模様。

ピカチューやキャロやゴルシを含む、みんなで並んで11:00になるのを待ちます。

スタート1分前、ファンファーレが高らかに鳴り響きました。

関東G1ファンファーレです(^^♪

皆さん、思いっきり手拍子をしていました。もちろん私も!

いつもは出走馬に贈るエールですが、今日の手拍子は自分たちへのエール(^-^)

そして、いよいよレーススタート!

…でも。

参加人数が多いので、スタート直後の進みはジリジリしたものでした。

ノーザンホースパークマラソンスタート

私はハナから新記録なんて狙ってないから、前半スローペースでも一向にかまいませんが。

鼻息荒く、人と人の間をすり抜けて行くランナーもいたっけ。

審議の青ランプがともるんじゃネ?みたいなシーンもあったので、レース慣れしていない私なんぞはブルってしまう(>_<)

スタート後はスローペース。牛を見てホッコリ

ノーザンホースパークの敷地を出ても、馬群…じゃなかった人群はなかなかバラけません。

GPSウォッチを見ると、1km7分ぺース。

こりゃ予想以上にユックリです。

体は当然ラクだけど、このペースで行くとゴールするのは13時を過ぎてしまう…。

私は13:00に鶴の湯温泉へ行くシャトルバス予約票を持っているので、さすがにもうちょいペースを上げないとマズイ。

スタートして約2km。

右手にパイオニアファームの看板が見えるあたりから、ようやく前後左右にスペースができ始めます。

私もそろそろ本気を出して、1km5分ペースへとギアを上げました。

このペースで走る人はたくさんおり、皆 もくもくと前を見てレースは進んでいきます。

おっ。放牧地の中から、少女が手を振ってくれている。

かたわらには…牛!

なんと微笑ましい…こちらも手を振り返します。

右も左も放牧地。

そんな絶好のロケーションの中、レースは進みます。

景色はとっても良いけれど、立ち止まって写真を撮っている人は見当たりません。

私も、1つの大きな「人群」の中でたんたんと走っているうちに、ナゼか

「写真はもうちょい後でいいか…」

なんて思ってしまいました。集団心理ってやつでしょうか?(‘◇’)ゞ

沿道からの応援に感謝(^-^)

スタートして約5km、額に汗が浮かびます。

前回大会同様、向かい風が強い所もあり、ちょっとペースが乱高下している感じ。

上り坂で向かい風だとすごく遅くなり、下り坂で無風だととっても速くなる。

スタートして10km。

私のタイムは、約50分。

「これなら13時の温泉に間に合うナ。順調順調!」

バテる感じはありませんが、早めにエナジーゼリーを飲んでおきます。

これで残り半分も乗り切れる…はず(^-^)

このへんまで来ると、最初の頃の密集具合がウソみたいなバラけ具合。

同じペースで走り続けていると、自分の近辺にいるのはほぼ同じメンバー…という感じですね。

さすがにだんだん疲れてくる頃ですが、沿道の方の応援に助けられました。

「がんばれー」

と声をかけてくれる方はもちろん、ただ手を振ってくれるだけでもこんなに力になるんだ!と実感した次第です。

本当にありがとうございました_(._.)_

坂路や馬車うま!立ち止まってパチリ

スタートして約15km。

コースはいよいよノーザンの育成施設内に。

レースも佳境です。

「ここからが踏ん張りどころ!」

とさらにギアを上げる人がいるかと思えば。

ノーザン坂路

私のように、立ち止まって坂路の写真を撮る人も(^O^)/

スゲー!デケー!圧巻です!

藤沢和雄調教師じゃないけれど。

「馬優先」の看板があったのでパチリ。

馬優先

ほんじつは、お馬さんは通らないので、皆さんダッシュで駆け抜けてOK(*^^*)

スタートして約19km。

ノーザンホースパーク内に戻ってきました。

もうすぐレースが終わってしまうヨ。

馬車うま

馬車うまでしょうか、とても大きな馬。

向こう側の方は手を上げて「もう少しですヨー!」と応援してくれています。

ゴール後またダッシュ

のこり1km地点。

大会ゲストの福島和可菜さんのメッセージを励みに、頑張ります。

のこり1km

最後はノーザンホースパーク内を走るので、たくさんのお客さんが見守る中、ゴール目指してダッシュ!

なんとか無事にゴールすることができました(^O^)/

前半の写真がゼンゼンないのに、後半になって写真が増えたのは…

「バテたから」

と言われても弁解できません(*’▽’)

ゴール後、レース後なのにまたダッシュ(!)してシャトルバス乗り場へ。

なんとか無事に鶴の湯温泉に行くことができましたとさ(^O^)/

※関連記事【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-① 景品馬と、吉田勝己氏の雄姿

※関連記事:【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-③ 温泉、ビュッフェ、抽選会!

コメント