【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-① 景品馬と、吉田勝己氏の雄姿

ノーザンホースパークマラソンマラソン
スポンサーリンク

5月15日(日曜日)に開催された、ノーザンホースパークマラソン2022。

現地で走ってきましたヨ(^O^)/

快晴!マラソン当日

私が参加したのは、ハーフマラソンの部。

レースの模様については、また別の機会に書くことにしまして…。

今回は、当日の雰囲気がどんなだったかをお届けします!(^-^)

キャロットのサイトでも、既に写真入りでレポートが上がっており、当日の模様が実によくわかりますが。

私の日記も併せて読めば、あの日の空気がもっとよくわかる!…かもしれません_(._.)_

私は、新千歳空港8:00発のシャトルバスでノーザンホースパークへ。

8:20頃に現地到着しました。

天気は晴れ、気温は14℃くらいでしょうか。

前日の雨による水たまりが所々にありますが、明るい陽射しを反射して、とても気持ちの良い空気!

マラソン日和という感じで嬉しい(*^^)v

レースまでまだ時間があるにも関わらず、場内には結構人がいました。

中には、カッコいいウェアに身を包み、すごい勢いで走っている方も!

トレイルランのスタート(9:30)まで、あと1時間以上あるのに…。

いろんな意味で早すぎ(速すぎ)なのでは?と思いました_(._.)_

「負けてられん、自分も着替えてダッシュだ!」

…とは1ミリも思わない。

なにせ私の出るハーフのスタート時刻は11:00と、まだまだ先のこと。

まずは場内を散策することにしました。

スタート地点の写真です。

ノーザンホースパークマラソン
ノーザンホースパークマラソン、スタート地点。

レース中は、この台の上に中尾さんが立ち、実況をしていました。

セレクトセールでおなじみの中尾さん、お祭り気分を盛り上げてくれます(^O^)/

オークションの品と、一口馬主権の景品

ケーズキッチンの建物内に入ると、おお!

オークションに出る品が飾られていました。

グランアレグリア

ルメール騎手のサイン入り、グランアレグリアのパネル!

その後ろには、藤沢和雄元調教師のサイン入りのゼッケンが見えます。

ゼッケンはゼッケンでも、こちらはあんまり見慣れぬデザイン。

オーソリティ

オーソリティがサウジアラビアで勝利したネオムターフカップの、調教用ゼッケン!

オークション時、百戦錬磨の中尾さんも「どのくらいの価値があるのか計りかねます」みたいなことを口にして、3000円からスタートしていたっけ。

※結果的に、70,000円くらいで落札だったと思います。

ノーザンホースパークマラソン名物、景品となる馬たちも紹介されていました。

【シルク】

チャーチモード

ベルシャンブル

クロニオス

キューティゴールドの20(馬名未定)

アルメリア

【キャロット】

ブルーペクトライト

ラスハンメル

グランサバナ

タスティエーラ

ラレーヌデリス

なんと、タスティエーラも景品に(◎_◎;)

バツあり最優先じゃないと出資できなかった馬がここに出るとは…ちょっと複雑。

まぁでも!

マラソン景品馬はよく走るし、それだけデキが良いということでしょう(^-^)

キャロットとシルク、仲良しの証

「一口馬主権、ほしい!今年こそ当たらんかな…」

とか思いつつ、再び場内散策へ。

マラソン協賛各社のブースをのぞいてみると、おや。

キャロットシルクが1つのブースで仲良く(?)やっているではありませんか…。

土曜日の駅伝には「絹と人参」というチーム名で合同チームを結成して参加したらしいし、仲良きことは美しきかな(*´з`)

ブースを訪れた人に記念品を配っていたので、会員だけど私ももらっちゃいました。

まずはキャロット。

おがわじゅりマラソン

おがわじゅりさんのポストカード、「ノーザンな馬たち by CARROT CLUB」!

馬の表情はもちろん、電車のヘッドマーク風のイラストも凝っていて、たまりません(^O^)/

シルクでもらったのは、こちら。

よしだみほステッカー

よしだみほさんデザインの、ステッカー!

※阿部サンタのクリスマスプレゼント大会の参加賞と同じ…なのはナイショ(*^^)v

レジェンド種牡馬スポーツタオルと、吉田勝己氏

――もらう、といえば。

レース前でもマラソンの参加賞を受け取ることができるので、事前にもらっておくことにしました。

忘れたら大変だし。

ハーフマラソンの参加賞は、レジェンド種牡馬 スポーツタオル。

この方に持って頂き、記念撮影(^O^)/

吉田勝己レジェンドタオル

吉田勝己さん、ご協力ありがとうございました_(._.)_

…って、嘘嘘!

勝己さん御本人は、トレイルランのスタート地点でこの雄姿(^^)

吉田勝己さん

レース5分前の様子です。

ランナー達を先導する大役ですが、人馬共にリラックスした表情でした。

トレイルランに参加しない私は、手荷物を預けたり、鶴の湯温泉へのシャトルバス予約票をもらったり、ノーザンファームのゼネラルマネージャーに挨拶したりしていました。

ゼネラルマネージャーとは誰かというと…。

中島文彦氏です!

スタート地点近くで、黙々とコーンの片付けをしていらっしゃったので、つい話しかけてしまいました。

こんなエライ人が、コーンを片付けている…。

ノーザンファームの凄さはこういうところにあるのだ!…とは言い過ぎかもですが、なんかそんな気持ちを抱きましたヨ(^^♪

予告編

――さて。

午前中はこんな感じでした。

今後の【ノーザンのーと】の予定は…。

◆ハーフマラソンの様子(レースのレポート)

◆ノーザンホースパークマラソン2022 午後の様子(オークションや抽選会)

をお届けしたいと思います(^O^)/

※関連記事:【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-② ハーフマラソンを走ってきた

※関連記事:【ノーザンホースパークマラソン2022】レース当日の雰囲気-③ 温泉、ビュッフェ、抽選会!

コメント