【馬名について】アロマデローサ

馬名についてシルクの馬名
スポンサーリンク

今週末にデビュー予定の、新馬の名前についてです(^O^)/

シルク2歳馬。アロマデローサ

アロマデローサ

父:キンシャサノキセキ  母:ローズウィスパー

性別:めす

馬主:(有)シルクレーシング

厩舎:池添学厩舎

出走予定:7/10(日曜日) 小倉 芝1200m(牝馬限定戦)

アロマデローサ。

どんな意味でしょうか?

さっそく馬名意味を見てみましょう(^^)

アロマデローサ

◆馬名意味:薔薇の香り(西)。母名より連想

薔薇の香り!

母名ローズウィスパーからの連想ということで、薔薇一族の末裔にピッタリの名前ですね(^^♪

華麗なる薔薇一族

そう!

アロマデローサは薔薇一族。

彼女の母ローズウィスパーの馬名意味は、「薔薇のささやき。母名より連想」

花びらから茎をたどるように、さらに母名をさかのぼって見てみましょう。

ローズウィスパーの母は、ローザミスティカ。

馬名意味は、「神秘的なバラ(伊)」。

「薔薇の●●」とかではなく、薔薇そのものです。

ということで。

いよいよ、薔薇一族の根っこ(?)に近づいてきました。

ローザミスティカの母は、ロゼカラー。

長年競馬を見ている方にとって、

「薔薇一族といえばロゼカラー!」

と思う方も少なくないのでは?

ロゼカラーは、牝馬ながらデイリー杯を勝利。

シンザン記念2着を経て、オークスや秋華賞で好走しました。

同世代のビワハイジエアグルーヴたちと同様、繁殖牝馬としても枝葉を広げています(^^♪

薔薇

薔薇の香り。勝利の香り

――あらためて、アロマデローサのカタログを見てみますと。

ブラックタイプには、薔薇一族の名前がズラリ!

ローゼンクロイツ、ローズバド、ローズキングダム!

名前を見た瞬間に血のつながりが浮き彫りになる…。

まさに薔薇の一族(^O^)/

薔薇一族の中でも、特に好きだったのがロサード

でも。アロマデローサのカタログに彼の名前はありません。

“高祖母” ローザネイの息子・ロサードの名前を載せる余地がないのは、それだけ近親に活躍馬が多いことの証です(^.^)

カタログを見るだけで、その名の通り “薔薇の香り” が漂ってくるようなアロマデローサ。

シルクの近況欄では、

「何一つ注文を付けるところがありません」

「いかにも初戦向き」

といった強気な声が!

調教時計も水準以上、鞍上は福永祐一騎手。

“勝利の香り” がプンプンします!(^O^)/

…唯一、気をつけたいのは。

やっぱり、減量ジョッキーの逃げ切り…ですかネ(^-^;

コメント