【馬名について】銀世界のフエ。大人な生バナナ。

馬名についてその他の馬名
スポンサーリンク

本日の川崎競馬。

5レース・6レースと、なかなか面白い名前の馬が勝ちました(^-^)

銀世界のフエ

5レースを勝ったのは、フエ。

6レースを勝ったのは、メンタイマヨ。

インパクトのある名前の馬が、しんしんと降る雪の中を駆け抜けました。

その後も雪は降り続ける。

むかえた8レース。勝つのはその名もずばり、マッシロ!

…と思った方もいたかもしれませんが。

残念ながら、8レース以降は降雪のため取り止めとなってしまった(;_;)

netkeibaの記事によると、川崎競馬の雪による中止は2012年2月29日以来とのこと。

町がそれこそまっしろになって、雪の威力を思い知らされました。

時代はサステナブル

――さて。

雪が降った東京の様子を知るため、TOKYO MX『news TOKYO FLAG』を見ていたら。

まだ1月上旬だというのに、もうバレンタインの話をしていました。(@_@)

なんでも、今年は サステナブル” なチョコが注目だとか。

「サステナブルなチョコ、だと…?」

正直、まったくイメージができません(;´д`)

「食べてもなくならないチョコを出して! 」

と のび太がドラえもんに泣きついたことがあったけど、そういうやつかな? ←絶対違う

サステナブルなチョコとは――

番組によると、「見た目が良くないため商品にならなかったバナナを、チョコに使用する」とのこと。

なるほど!

環境配慮・持続可能(*’▽’)

大人な生バナナ

――ところで。

当サイト【ノーザンのーと】は、競馬の話題についてしか書きませんが。

今回は、「積雪」「サステナブル」など、今の時代に配慮した内容となっております。

…というのはウソ (^O^)/

「サステナブルなチョコ」として紹介された商品名が、馬名になったら面白いな…と思ったので、ネタとして取り上げたわけです。

スモモモモモモモモ級の “難読馬” になり得る、チョコの名前。

それは――

大人なバナナなまチョコレート

オトナナバナナナマチョコレート!

でも、これでは文字数オーバーなので、9文字におさめると…↓

オトナナバナナナマ (大人なバナナ生)

あるいは、こういう名前もありかも↓

オトナナナマバナナ (大人な生バナナ)

バナナといえば、

「パパバナナ・ママバナナ・コバナナ」

という歌もあるし、今も昔も難読フルーツとして活躍?しています。

昨年、NHKの番組『日本人のお名前』で、珍名馬・難読馬がピックアップされましたが。

馬主さんの中には、実況アナウンサー泣かせの馬名をつける方もいらっしゃるとのこと。

そういう馬主さんには、ゼヒ!

オトナナナマバナナという馬名をおすすめいたします(^O^)/

※関連記事:NHK【日本人のお名前】で、珍名馬! 小田切さんの馬はもちろん、モミジプボブも登場

コメント