アライバル、新潟2歳S2着…。でも!敗戦を糧にするのがハービンジャー産駒!!

レイデオロキャロットの馬のこと

新潟2歳ステークス。

アライバルは、2着でした…。

アライバル、1番人気も…

6月の新馬戦を快勝し、鞍上ルメール騎手に「ディアドラみたい」と言わしめたアライバル。

その新馬戦で負かした馬たちは、次走であっさり勝ち上がり。

  ※2着プルパレイ、3着ホウオウパレード、5着グランドライン

レースレベルが高かったわけです!

そこを圧勝したアライバル。

新潟2歳ステークスでは、断然人気になるかと思われました。

でも。

断然人気、ではなかった。

最終オッズは以下の通りです。

 馬名 単勝オッズ 
1番人気 アライバル2.9
2番人気オタルエバー4.0
3番人気セリフォス4.5
4番人気クレイドル11.3
5番人気スタニングローズ 12.1

1番人気こそアライバルでしたが。

単勝オッズは、アライバル・オタルエバー・セリフォスの三つ巴という感じ。

オッズ的には「3強」の様相でした。

オタルエバーとセリフォス

オタルエバーは、新潟マイルの新馬戦を逃げて好時計勝ち。

セリフォスは、中京マイルの新馬戦を先行して完勝。

例年の新潟2歳Sなら、いずれも1番人気に推されてもおかしくないくらいの素質馬です。

オタルエバーは、リオンディーズ産駒。

セリフォスは、ダイワメジャー産駒。

どちらも、マイルG1を勝った種牡馬の子供です。

2歳の早い時期から、機動力を生かす競馬ができる血統と言えます。

対するアライバルは、ハービンジャー産駒。

ペルシアンナイトノームコアがマイルG1を勝っていますが、彼らが本格化したのは3歳秋くらいから。

ハービンジャー産駒が2歳の夏に重賞で1番人気になる…なかなか記憶にありません。

記憶にはない、けれど。

記録を新たに打ち立てる!

そんな気持ちで、レースの時間を待ちました。

いざ、レースへ

アライバル、パドックは堂々と周回していました。

新馬戦の時より、やや前向きさがあったでしょうか。

返し馬は、ルメール騎手とのコンタクトがバッチリ!

歴戦の古馬みたいに、悠然と駆け抜けて行きました。

若駒の2戦目ということで、変なところでスイッチが入らなければいいな…と心配していましたが、杞憂だったようです。

直線の攻防

そして、レース。

アライバルは中団で進めます。

前半600mは、36.2秒というスロー。

こりゃぁ究極の切れ味勝負になるな。

馬群は4コーナーにさしかかる。

さぁ、アライバルの手応えは…。

あまり良くない!(@_@)

進路は大外ではなく、馬群の中を選択。

グイグイ伸びてくる。

伸びてきているけれど。

残り400m。こりゃマズイと思った。

残り200m。3着はありそうと思った。

残り50m。ようやくエンジン全開!だけど。

セリフォスが1着ゴール。

アライバルは、2着でした…。

今後への展望を

勝利したセリフォス。

比較的荒れたインコースを通って勝ったのは立派です。

さすがダイワメジャー産駒!

さすが中内田厩舎!

さすが川田騎手!

といった感じです。

※ややナゲヤリなのは、ご了承ください_(._.)_

一方、負けてしまったアライバルですが。

成長力あるハービンジャー産駒だし、現時点でダイワメジャー産駒の完成度に先を越された印象。

スピード抜群のリオンディーズ産駒には先着を果たすことができたし。

重賞2着で賞金を加算できたのも大きいですね。

また、やっぱり距離は伸びても良さそう。

伸びれば伸びるほど良いか、というとそれはわかりませんが…。

そして。

今回、最も評価したいと思うのは。

平常心を保って競馬に向かうことができたこと

パドック、返し馬、輪乗り…ジョッキーの言うことをキチンと聞いて、お利口さんでした(^-^)

また、陣営にとっても。

「調教でどのくらい攻めればよいか」というサジ加減を、今回のレースである程度把握できたのではないでしょうか。

アライバル、無敗でクラシックへ!

…とレース前は夢見ていたので、土がついたのは確かに残念ですが。

ペルシアンナイトやノームコア、またブラストワンピースも、土がついた後に大舞台で輝いています。

今回の敗戦は、悲観するようなものではないだけに。

次走、年末の大舞台で、燦然と輝くアライバルの姿を夢見たいと思います(^O^)/

コメント