【セレクトセール2021】母キャロットのセリ結果。リュラとかアンジュシャルマンとか

セレクトセール2馬産地のはなし

本日もセレクトセールの話を…(^-^;

今回は、「母がキャロットだった馬」のセリ結果を見てみます。

“母キャロット“ も結構たくさんいるので、ピックアップしての御紹介(^-^)

サルスエラのこども

◆上場№42 サルスエラの2020(牡)

父エピファネイア

サルスエラは、未出走引退。

もう10頭近く産んでいますが、産駒がキャロットで募集されたことはありません。

サルスエラの2020は、シルク4000万円で落札しました。

サルスエラ産駒に出資したい方は、シルクの門を叩くしかないという(‘◇’)ゞ

リュラのこども

◆上場№2 リュラの2020(牡)

父モーリス 

リュラは、あの!ハープスターの半妹。

ハープスター
ハープスター。

リュラは競走成績こそ未勝利でしたが、出資者にとっては「引退しても母馬優先があるサ!」て感じでした。

でも。

子供は、一度もキャロットで募集されていません(;_;)

初仔(リュラネブラ)は、ナゼかシルクへ。

2番仔(ラコンタール)は、セレクトセール。

3番仔(リュラの2020)も、やっぱりセレクトセール…。

ヒシの冠名でおなじみ、阿部 雅英氏9200万円で落札しました。

ヒシリュラ、なんて安直な名前にはならない…はず(^^)

オーマイベイビーのこども

◆上場№88 オーマイベイビーの2020(牡)

父バゴ

オーマイベイビーは未勝利引退、繁殖入り。

今年のダービーで3着になったステラヴェローチェを産んでいます。

今回上場されたのはステラの全弟で、当然のようにミリオンホースになりました!

ダノンの冠名でおなじみ、(株)ダノックス1億3500万円で落札。

ダノンオーマイガー、なんて安直な名前にはならない…はず(^^)

アンジュシャルマンのこども

◆上場№224 アンジュシャルマンの2020(牡)

父ドレフォン

見事に新馬勝ちを果たした、アンジュシャルマン

その後骨折してしまい、わずかキャリア4戦で引退となりました。

せめて初仔だけでもキャロットに来ないかな、と期待していたんですが。

セレクトセールへ…(泣)

ロジの冠名でおなじみ、久米田 正明氏5400万円で落札。

馬名は間違いなく!

ロジアンジュ、あるいはロジシャルマンになるでしょう(^O^)/

…いや、ロジドレフォンという可能性もあるナ。

まとめ

――というわけで。

今回取り上げた4頭は、結構良いお値段で、有名な馬主さんに買って頂きました。

母馬に出資していた方は、母馬優先を使う機会がなくなったわけで、心穏やかじゃないかもしれませんが。

馬券やPOGで応援しましょう(^O^)/

…それくらいしか、励ましの言葉を思いつかない(;_;)

※関連記事:【セレクトセール2021】超稀少なディープインパクト産駒は、いったい誰の手に?

※関連記事:【セレクトセール2021】1歳馬セッション終了!オーマイベイビー産駒は誰の手に?

※関連記事:【セレクトセール2021】ディープ後継は やはりキズナ?レイデオロも好調

コメント