2021年、上半期終了。川田騎手が人気薄に乗った時の成績を調べてみた。

ハープスター騎手・調教師

2021年、上半期の競馬が終了しました!

騎手にフォーカスして、ちょっと振り返ってみたいと思います(^.^)

2021年、上半期のリーディングは。

リーディング1位は、ルメール騎手

99勝。

勝率は、0.247

そして2位は、川田騎手

79勝。

勝率は、ルメール騎手を上回る 0.288

当ブログでは前回、

「ルメール騎手が人気薄の馬(6番人気以下)に乗った際の成績」

を調べてみました。

  ※関連記事:2021年、上半期終了。ルメール騎手が人気薄に乗った時の成績を調べてみた。

今回は、リーディング2位の川田騎手で同じことを調べてみようと思います(^-^)

川田騎手、6番人気以下での成績は?

ルメール騎手同様、ほぼ全てのレースで人気馬に騎乗する川田騎手。

2021年上半期、6番人気以下の馬に乗る機会はどれくらいあったのか?

 (参考:ルメール騎手が6番人気以下で臨んだレースは、10戦だけでした)

川田騎手の騎乗馬が6番人気以下だったレースは…

274戦中、12戦だけ!

そんな12戦の成績がこちら。 ↓

日付  レース名   馬名 人気着順
2/6アルデバランS マイネルユキツバキ 7番人気 3着
2/203歳未勝利ダノンヴェロシティ 8番人気 6着
2/202勝クラスナンゴクアイネット  11番人気  3着
3/141勝クラステイルウインド 10番人気 11着
4/3ダービー卿CTソーグリッタリング 6番人気 12着
4/42勝クラスグラデュエイト 8番人気 7着
4/11桜花賞エリザベスタワー 6番人気 13着 
5/2天皇賞春オーソリティ 6番人気 10着
5/30薫風Sキタサンタイドー 8番人気 11着
5/30日本ダービーヨーホーレイク 6番人気 7着
6/53歳未勝利ビクトリアバローズ 6番人気 1着
6/6安田記念ダノンキングリー 8番人気 1着

ルメール騎手は、6番人気以下での勝ち星はありませんでしたが…。

川田騎手は、2勝もしています!

その中には、ダノンキングリー安田記念勝ちも含まれている。

ダノンの単勝配当は、4760円…すごい破壊力です(^-^)

――というわけで。

川田騎手は(人気薄の馬に乗っても)スゴイ!

ということがわかりました!

川田騎手に乗ってほしい馬。

ルージュバックの半弟ポタジェは現在10戦5勝ですが、5勝は全て川田騎手の手綱。

というか、川田騎手はその5回しかポタジェに乗っていません!

(負けた5戦は、すべて他の騎手)

このように、「川田騎手だと走る」という馬はかなりいます。

2着続きだった馬が、川田騎手を乗せて待望の勝利…。

そんなシーンを今まで何度見てきたことか。

ああ、川田騎手に乗ってほしい…バンベルク(;’∀’)

コメント