【新馬戦をふりかえる】カイカノキセキ & ハイアムズビーチ、優勝!

ぼくじょうレースのこと

本日の新馬戦。

キャロットシルク、それぞれ1頭ずつ勝ち上がりました(^-^)

カイカノキセキV

まずはキャロット

札幌5レース(芝1000メートル)を、カイカノキセキが勝ちました!

レコードタイム(56秒9)での逃げ切り。

母カイカヨソウに、初の「芝での勝利」をプレゼントしました。

というか。

初の「中央(JRA)での勝利」もプレゼント

出資者の皆様、おめでとうございます(^O^)/

――このレースの1番人気は、シルクコラリンでした。

あきらめずに前を追うも、僅差の4着。

次は人気にこたえてくれそう。

ハイアムズビーチV

さて、シルクの新馬勝ちはというと。

東京5レース(芝1400メートル)を、ハイアムズビーチが優勝!

調教で動いているし、白毛だし、1番人気になるかなと思っていましたが。

レースの時間が近づくにつれ、逆に人気が下がっていったのは驚きでした。

  ※朝は 2番人気 → レース前は 3番人気

こういうオッズの動きの場合、あまり良い結果が出ない気がする…ちょっと心配しました。

でも。

ふたを開けてみれば、堂々たる競馬での快勝!

父ドレフォン初勝利をプレゼントしました。

出資者の皆様、おめでとうございます(^O^)/

さて、中京の新馬戦では…

キャロット札幌で。

シルク東京で。

1頭ずつ新馬Vを果たしたわけですが。

中京の新馬戦についても書かせて頂きます。

中京5レース(芝1600メートル)で、キャロットプレミアムスマイルがデビューしました。

調教で一緒に切磋琢磨したカイカノキセキが勝ったので、同じ池添学厩舎のプレミアムスマイルも期待できるのでは?

と思っていました。

が。

…。

スロー逃げ → 失速。

9着…。

半姉マミーテイラーも中京芝1600メートルでデビューしましたが、こちらも大敗。

10着でした。

なので。

ジンジャーパンチ産駒にとって、中京1600メートルは鬼門!?

…という、暫定的な結論を出したいと思います。。。

プレミアムスマイルの次走がどんな条件になるかはわかりませんが、今日の結果はきっと度外視できるはず。

巻き返しに期待しましょう(‘ω’)ノ

――え?

次走もまた「中京芝1600メートル」だったとしたら??

その時は…また考えます_(._.)_

※関連記事:【新馬戦】ハイアムズビーチ・コラリン・プレミアムスマイル、デビュー!

コメント